晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

秋のコーデ2019年11月。ミニマリストは買わないでクローゼットを見直す。

秋服の普段着のコーディネートについて書きます。12月まで買わないチャレンジをしているので、服が必要になったらまずクローゼットに向かい、手持ちの服を見直します。

今日は、めっきり寒くなった11月、見直した普段着コーデについて書きます。部屋着からワンマイルウェアとして、今のわたしの、ほとんどの日常を過ごすための服です。

 

10月と11月の違い。

今年の秋のコーデについては、以前にも記事に書きました。↓

買ってよかった下着と2019年秋の普段着コーデ。

このときは、10月で、ロングスカートの下に、ペチコートとレギンスを着込んで暖かくすごすということを提案し、わたし自身も快適に過ごしていました。

ですが、10月下旬からさらに寒くなり、11月に突入してからは、リビングにもコタツを出すなど、寒さがこたえる季節になってきました。

そして、デスクワークでも、以下のホット脚入れヒーター(電気足温器)というのを出して使っています。↓

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41-jE7mYKPL._AC_.jpg

画像はアマゾンからお借りしました。同じものを持っています。これでパソコンデスクに向かって仕事しています。

一昨年前から、夫にすすめられて購入しました。この袋状のものから出入りするのにフットワークが悪いという欠点があるものの、コタツに入っているのと同様、暖かくて手放せません。

この「ホット脚入れヒーター」は、ただ袋状になっているというだけでなく、電熱線がはりめぐらされていて、コンセントに繋ぐと、コタツのように暖かいのです。

ちなみに、自宅でデスクワークという方、これはとてもおすすめです。

それはさておき、わたしの11月からの普段着コーデは、この「ホット脚入れヒーター」に出入りしやすいものという一択にしました。

それで、ロングスカートはやめて、やはりパンツだけに絞ることに決めました。

さらに、上記の「ホット脚入れヒーター」は、内側にフリースが貼られていて、わりとスベリが悪いのです。

ですから、快適に過ごすために、11月コーデは、生地のスベリの良いパンツがメインとなりました。

2つのパンツコーデ。

手持ちの服を見直した結果、以下の2つのパンツをメインにコーディネートすることにしました。2つありますが、メインは左のものです。↓

f:id:kogasora:20191111131155j:plain
f:id:kogasora:20191111131204j:plain

メインのパンツ。

左は今年の6月にスーパーの衣料品コーナーで買った、少し丈の短い、キャメルのワイドパンツで、素材はレーヨン、ナイロン、麻、ポリウレタンの混紡で、スベリがとてもいいです。

実はこのパンツ、6月に買ってはみたものの、真夏には暑くて履けず、秋になったら丈が短くて脚が寒く、処分を検討していたところでした。

でも、綿のレギンスを下に履くことで、暖かい秋冬物に変身し、最近の一番のお気に入りで、以下のようなコーデをしています。↓

f:id:kogasora:20191111131126j:plain
f:id:kogasora:20191111131135j:plain
右は着用したところです。

パンツの下に履いたレギンスは、ユニクロの12分丈のレーヨン素材のものです。

トップスのライトオレンジのインナーは、ユニクロのワッフル素材のノースリーブ、七分袖のレーヨンのカーデガンはアマゾンで買いました。

この2つを組み合わせることで、七分袖のTシャツを着たつもりになっています。

袖が寒ければ、100円ショップで買ったアームカバーをします。真夏に、自転車に乗る時の紫外線避けとして買ったものです。↓

f:id:kogasora:20191111131122j:plain

こうすれば、長袖になったつもりになります。vv

七分袖のものは、洗い物をするときに、腕まくりしなくて良くて便利だという一面があります。

首まわりが寒ければ、ストールを巻きます。↓

f:id:kogasora:20191111131144j:plain

このストールは5年ほど前に買ったもので、ずっと愛用しています。

サブのパンツ

上記右側のサブのパンツについて説明します。↓

f:id:kogasora:20191111131204j:plain
f:id:kogasora:20191111131200j:plain

サブのパンツは、メインのパンツを洗濯しているときに登場するパンツで、使用頻度はサブのパンツの方が低いです。

このパンツは、楽天で購入したもので、長年わたしの定番になっていたブーツカットのヨガパンツで、同じ布のスカートも合わせて履き、腰回りをあたたかくしています。

ブーツカットも流行遅れ、スカートも変かも知れませんが、家で過ごし、外にはトレンチコートを着て行けば良いので、何も問題はありません。

以下は黄色い薄手のセーターとコーディネートしたところです。セーターの下には、七分袖のTシャツを着ています。↓

f:id:kogasora:20191111131208j:plain

トップスのバリエーション。

トップスは、他にもバリエーションがあります。↓

f:id:kogasora:20191111131119j:plain
f:id:kogasora:20191111131115j:plain

インナーとして、半袖のTシャツを着た上に、ペパーミントグリーンの長袖のカーデガンを羽織ります。

半袖のTシャツは、タカハシというプチプラなお店で買ったもので、玉ねぎ染めで薄い黄色になっています。

ペパーミントグリーンのカーデガンは、2年前に、スーパーの衣料品コーナーで買ったものです。

以下、コーディネートしたところです。↓

f:id:kogasora:20191111131103j:plain

また、カーデガンは、以下のような、サーモンピンクのカーデガンを着ることもあります。↓

f:id:kogasora:20191111131110j:plain

トップスは主に3つのカーデガンと、1枚のセーターの4枚をメインにしているということです。

さらに上から羽織るもの。

上記のように、半袖やノースリーブのインナーに薄手のカーデガンだけだと寒いことも多いです。そんなとき、さらに上から、もっとゆったりした羽織りものを着込みます。

f:id:kogasora:20191111131058j:plain
f:id:kogasora:20191111131106j:plain

両方とも、ユニクロのものです。左の裏側がボア付きのパーカーは、昨年購入したもので、これがメインの羽織り物です。

パーカーを洗濯しているときは、右の茶色のカーデガンを羽織ります。茶色のカーデガンは、今年の5月に購入しました。以下が着用したところです。↓

f:id:kogasora:20191111131054j:plain

これはアクリルのもので、室内では肌寒い時に羽織るのに便利です。

ただ、「ホット脚入れヒーター」を使うようになってから、トップスは丈の短い方が使い勝手が良いので、パーカーがメインになっています。

足元について。

わたしは、くつ下はスニーカーソックスのようなショート丈しか持っていません。12分丈のレギンスとスニーカーソックスは、そのままのことが多いです。

でも、10分丈レギンスだと足首が出てしまいます。そんなときは、レッグウォーマーを履きます。↓

f:id:kogasora:20191111131150j:plain

このままスニーカーを履いて外に出ることができますが、もう少しキレイ目にする必要がある時は、ハイソックスタイプのストッキングに履き替えて、キレイ目な靴を履いて、外に出るようにしています。

ミニマリストは買わないでクローゼットを見直す。

服は買えば必ず増えます。できるだけ買わないようにするのが、服を増やさないコツです。

もし、「着るものがない」と思ったら、買いに行く前に、手持ちの服でコーディネートすることを考えてみてください。

f:id:kogasora:20191111131126j:plain

上記はわたしの、今一番のお気に入りですが、全部手持ちの中からコーディネートしたもので、レギンス以外、夏物です。

でも、アームカバーやレッグウォーマーなどを使って、十分暖かく過ごせることがわかりました。ミニマリストでも、もし着ていない服をまだたくさん持っているなら、手持ちの服をもっと着ましょう。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

服のコーディネートに困ると、わたしたちはつい、「買おう」と思うものです。でも、買っている限り、服は増えます。

そして、減らそうと思ったら捨てなければなりません。「買っては捨てる」という、お金をドブに捨てるような、負のループにはハマらないようにしたいものです。

服の数が絞れてきたら、買うのに慎重になるのはもちろんですが、捨てるのも慎重に! ということですね。