晴れやかブログ

元ミニマリスト、パーソナルカラーオタク。「捨て活」も「買い活」もエネルギーの循環。断捨離は呼吸。

無印良品のおすすめの服:地味な色(ベーシックカラー)の羽織物3つ(2021年)。

無印良品おすすめについて書きます。

今年2021年の春に購入した羽織物3点です。

無印良品といえばシンプル。そして地味な色が得意ですね。いわゆるベーシックカラーです。

私はあまり地味な色に興味がないので、無印良品には普段あまり近寄らないのですが、ファッションはコーデに生かせてこそ完了です。

色味の多い色の服を着るからこそ、コーデには地味な色も欲しくなる…ということで、あまり色味のないトーンの明るい羽織物を探しました。

色々なお店で、試着してみたところ、今回は「無印良品のが一番似合っていた」という結果となり、購入に至りました。

 

無印良品のおすすめの服:ベーシックカラーな羽織物3つ(2021年)。

購入した羽織物は以下の3つです。↓

f:id:kogasora:20210510105109j:plain
f:id:kogasora:20210510105129j:plain
f:id:kogasora:20210510105204j:plain

左から、ロングコート、パーカー、ボレロです。

色は、生成りや明るめのベージュ系です。

地味な色は、コーデに派手な色を使い過ぎないように調整してもくれるので、「自分のコーデ、色がうるさいな。」と思った時は地味な色の出番です。

つまらないといえばつまらないですが、喧嘩しない色とも言えます。

どれも、試着してみてシルエットが気に入りました。

私は勤めてないので、どれもカジュアル使用で、キレイ目な服カテゴリーではないですが、形はキレイだと思いました。

自分の体の線が出ず、自分を一回り大きなラインで包み込んでくれますが、かといって着ぶくれして太って見えることもないのが良いです。

ちなみに、私のパーソナルカラーはスプリングで、身長は165センチ体重53キロです。

コートとパーカーは裏地なしです。

左から順に、肌寒い日から夏日へと段階を追ってく感じになりました。

春は真夏になるまで気温が色々なので、羽織ものも気候に合わせて用意しておくと便利だと思い、似たような色味で揃えてみました。

また、袖がたっぷり目なのが今年のトレンドなのでしょうか?

今年買った服(中に着る服)は、割と袖がたっぷり目のものが多いので、羽織物も袖にゆとりがないと心地良く着れないというのも羽織物を買った理由の1つです。

流行に翻弄されているのかも知れませんが、どうせ翻弄されるのなら、袖が細い流行よりも袖がゆったりした流行の方が長く着れる服を入手しやすいと思っています。

それでは、それぞれ詳しく説明しますね。

無印良品のおすすめの服1:コート

まずはコートです。

f:id:kogasora:20210510105109j:plain

以下に無印良品オンラインのリンクを貼ります。↓

www.muji.com

コットンカポックコートです。カポックというのは、まあ質の良い綿といったところです。

綿素材で、割と頑丈な生地。

襟周りがスッキリしています。

着用するのにベストシーズンは4月かなあと思いますが、インナーダウンを着て3月とか、春秋ものですね。

春の肌寒い日に着るのがベストかなあという感じの服です。

色は生成りです。

実はアイボリーの気楽に羽織れる普段使いのコートを探しました。

アイボリーといえば、パーソナルカラースプリングにとっての「白」。

この「生成り」という色は、オータムにとっての「白」ですが、スプリングにも明るい黄色みのベージュ的な感覚で着れます。

ただ、これはロングコートなので、着るとそれなりに存在感があり、主役としても着てしまいます。

生成りの白さは爽やかで、バッグがグリーンでもオレンジなどの強い色やその他の色でも映えます。

裏地がついてないのも気に入りました。

綿だから、洗濯機でも気楽にガンガン洗えます。

ただし、シワにはなります。また、アイロンをかけてもああまりピシッとしません。でも、このコートの場合は多少のシワは「味わい」かな? と思えます。

カラーバリエーションとしては、キャメルがありますが、スプリングなら生成りがおすすめ。キャメルも着れなくはありませんが、どちらかというとオータム向きかと思います。

オータムなら生成りもキャメルもどちらもいけますね。

サイズは「M〜L」サイズを買いました。

無印良品のおすすめの服2:パーカー

2つ目はパーカー。

f:id:kogasora:20210510105129j:plain

正式には「撥水フードジャケット」というものです。以下はオンラインストアのリンクです。↓

www.muji.com

昨年流行ったマウンテンパーカーみたいなものです。裏地なしなので、4月後半から5月がベストシーズンかなと思います。

普通の気候の日に向いています。特に私は自転車の時に着たい感じ。

私は昨年マウンテンパーカーを買いましたが、裏地がついているものなので、次第に暑苦しくなってきました。

裏地なしなので、これから夏までの肌寒い日と、秋にも着れそうです。

色は、商品名は「ペールブラウン」ですが、ごく明るいベージュで白に近い色で、スプリング向きだと思います。

カラーバリエーションは他に、黒、ベージュ、スモーキーグリーンがあります。

黒はパーソナルカラーウィンター向きです。

このベージュはスプリングにもいけそうですが、オータムの方が向いているかも。

スモーキーグリーンはオータム向きかと思います。

サイズは「M〜L」サイズを買いました。

無印良品のおすすめの服3:ボレロ

3つ目はボレロです。

まずは早速オンラインストアのリンクを貼ります。↓

www.muji.com

オンラインストアのモデルさんの写真だと、ボレロだとわかりやすいかと思いますが、以下の写真のように、四角い形をしてマフラーがわりにもなるというもの。↓

f:id:kogasora:20210510105204j:plain

全くこれだとわけがわからないので、以下の写真も撮影してみました。↓

f:id:kogasora:20210510105345j:plain

薄手のフレンチリネン素材で、夏日の自転車用の日除けとして買いました。

最初、リネンのアームカバーが欲しいと思っていたのですが、これをたまたま見つけて「こっちの方が良い」と思って買いました。

自転車の時はこのボレロを羽織って手袋するつもりです。

色は「生成」とのことですが、いかにも「麻」という感じの暗めの生成りで、生成りというよりはベージュだと思いますね。

色は8色ありますが、パーソナルカラースプリングに着れるのはこの「生成」と「マスタード」だけかな? と思われます。

(その他の色については私には判断が難しいので省略します。)

無印良品も以前はベーシックカラーばかりでしたが、マスタードのようなキレイな色も展開するようになったのですね。

これはカーディガンがわりにも便利です。下に着る服の袖の太さを選ばなくて良いというのが気に入っています。

ドルマンスリーブの七分袖のブラウスなどにも着やすいです。

とはいうものの、これはノースリーブや半袖の上にサラッと羽織るという夏日に向いている感じです。

また、室内でも着心地が良いので、今からノースリーブにこのボレロを羽織って楽しんでいます。

シンプルながら面白さもある服です。ただの四角い服ですが、羽織ると余った布がナチュラルに落ちてシルエットはエレガントとなります。

ノースリーブのワンピースなどに羽織ってもエレガントで素敵なのでおすすめです。

サイズはフリーサイズです。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ にほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へ にほんブログ村 ファッションブログへ

おわりに

今日は、無印良品のおすすめの服ということで、ベーシックカラーの羽織物3つについて書きました。

また、無印良品なら、全国展開もされていますし、オンラインストアもありますので、入手しやすいと思いましたので、おすすめとしてシェアしてみました。

それから、無印良品は価格の見直しを行なっているということで、多少安く買えるようになっているようです。

私は店頭で買いましたが、値札よりも少し安く買えたので嬉しかったです。