晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

捨てられない服のはなし。貧乏くさいと夫に言われた14万円のコート。

今日は捨てられない服のことを書きます。捨てられない服というのは、黒いダウンコートのことです。

昨日わたしは、夫に自分の3着のコートにイチャモンをつけられた話を書きました。それで、イチャモンをつけられた3着のうち2着は捨てたのですが、この黒いダウンは捨てることができませんでした。

捨てられない主な理由「高かったから」なんです。

貧乏くさいと夫に言われた14万円の黒いダウン

夫がわたしの3つのコートにイチャモンをつけた、そのイチャモンの内容のうち、「貧乏くさい」というのがありました。

「貧乏くさいって、一体どのコートのこと?」と確認してみると、何と3つのうち、一番高価なコートでした。

「えっ!? でも、これ14万円もしたんだよ!!」と、わたしが言うと、さらに夫はビックリしていました。

 イタリア製のフード付きの薄手のダウンで、それだけでも着られるのですが、外側にステンカラーを着るように出来ていて、真冬は二重で暖かい上、ビジネスシーンでも着られるキレイ目。

f:id:kogasora:20190314115759j:plain

まだわたしが会社に勤めていた頃、仕事用にも着ていかれるように購入したのですが、カジュアルにもビジネスにも…というスグレモノでした。

そして、ダウンだけでも着られますし、ステンカラーだけでも着られるという、二度も三度も美味しいコートだったのです。

f:id:kogasora:20190314115828j:plain

ダウン

f:id:kogasora:20190314115903j:plain

ステンカラー

14万円は「高い」と思いましたが、お店で試着してみると、黒なのに、ちょっとAラインでシルエットが女性的で可愛らしさもあり、一目ボレして買ったものでした。

ちょうどそれまで使っていた冬のダウンが傷みはじめ、コートを買い替えなければ…と思っていたところ、出会ったコートでした。

わたしは背も高く、手足も長いので、日本の既製服だと袖が短いということが多いのですが、イタリア製のこのコートは、わたしの長い腕もすっぽりと包み込み、着心地もよかったのです。

このコートを着ていると、自分自身が華奢に感じられて、そんなところもお気に入りの理由でした。

このコートを着て会社に行くと、「この人はオシャレだなあ」とわたしが思っていた女性上司に褒められました。それで、わたしはさらに気を良くしていました。

そして、仕事には毎日着て行きましたし、大活躍のコートだったのです。「14万円もしたけど、このコートはお買い得だった」と、大のお気に入りでした。

そんなコートを、ウチの夫は「貧乏くさい」とのたまったのです。

「!!!!!」ですよね〜。

なぜ貧乏くさいか?

 ところで、このコートがナゼ貧乏くさいのか、理由を考えてみました。一番は「黒だから」だと思います。

黒は、上手く使えば定番カラーとして重宝しますが、コートみたいに、全身を覆うようなものだと難しいのかも。

「彩(いろどり)のなさ」が、寂しく、貧相に見えるというのはありそうです。

それと、実は暖かいのですが、外側に着ているステンカラーです。ステンカラーは、春や秋に着る薄手のコートです。その素材感が「寒そう」に見えるのかも知れません。

真冬に寒そうな服を着ていると「それしか着るものがない」「貧しい人」に見えるのではないかと思いました。

高価なものは捨てられない

夫かイチャモンをつけた3つのコートのうち、2着は、スンナリ捨てることができました。1着は1万2000円くらいのコートで、もう1着は3000円でした。

ところが、14万円もすると、同じように「サクッと」捨てることができないのです。

金銭感覚は、人それぞれなので、14万円を高いと思うかどうかはわかりませんが、個人的には、コートで1万2000円というのは「まあ普通かな」、3000円は「安すぎじゃない?」という感じがします。

そういうわたしにとって14万円はとても高額なのです。夫も14万円と聞いて、

「それは捨てなくていいよ。14万円だったら、俺も捨てられない」と言っていました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ついに今年の冬、一度も出番がなかった

そして、このコートですが、ついに今年の冬、一度も着ることはなかったのです。昨年までは、夫とではなく、一人で外出するときにたまに着ていました。

やはり、この14万円のコートを見ると真っ先に「貧乏くさい」という言葉が浮かんでくるのです。

それに、黒という色のせいで、会社に行かなくなった今、主な外出といえば、近所のスーパーに行ったり、カフェでお茶したりするくらい。

そういうときには、どこか堅苦しい感じがしてしまうということもあります。

「それなら捨てようか」と自問すると「14万円もしたのよ!」と自答します。もしこのコートが3000円だったら、他のコートと一緒に、とっくに捨てていたと思うのです。

一時はお気に入りで大活躍してくれたコートです。2万円くらいまでだったら、「十分元は取れた」と思って、楽な気持ちで手放すことができそうです。

3万円は微妙です。5万円くらいから「5万円もしたのよ!」って、わたしならば思い始めそうな気がします。

14万円は、そもそも、わたしには高すぎる買い物だったのかも知れません。借金して買ったわけでもないですが、わたしは服にそこまでお金をかけるものではないと、今は思っているということです。

「使い倒したときにスンナリと手放せる金額」というのを、お買い物の予算の上限として設定しておけば、持ち物を断捨離するときに悩まなくて済みそうです。

この14万円のコートは、そのことをわたしに教えてくれたのかも知れません。