晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ウォークインクローゼットの断捨離。ゴミやガラクタを捨てた結果。

断捨離が進んだら、ウォークインクローゼットの中の他のガラクタも気になってきました。

それで、「これはいらない」というものをピックアップして捨てることにしました。

本当は以前からガラクタだということに気づいていましたが、要らない服の負のエネルギーが強過ぎて、ガラクタの負のエネルギーは、かき消されていたように思います。

その結果、さらにスッキリして、とても気持ちが軽くなってきました。不要品を捨てることでやってくる、新しいエネルギーを感じています。

 

ウォークインクローゼットの中の捨てたガラクタ1 

まず、以下のものを捨てました。

f:id:kogasora:20190612205538j:plain

アマゾンの封筒、女性誌の付録についていたものや、何となく間に合わせで買ってしまった、あまり好きではないポーチやバッグです。クローゼットあるあるですよね?

ウォークインクローゼットの中の捨てたガラクタ2

次に捨てたのは以下のものです。

f:id:kogasora:20190612205602j:plain

全然使わない、毛玉とり機2つ、似合わないとわかった色の帽子2つ。すでに処分済みのコートのフード。

カワイイからと、とっておいた、お菓子とアクセサリーの箱。中はもちろん空でした。

それから、折りたたみのかさ3本。日傘の黒は似合わない色なので処分するのですが、他の2本は壊れている傘で、独身時代からの持ち越しでした。

捨てるのが面倒で放置してあった正真正銘のガラクタ。見ただけでウンザリするような負のエネルギーを感じましたが、今回は頑張って捨てました。

傘の布をとりはずして布は燃えるゴミへ。骨の部分は不燃ゴミです。時間がかかりましたが、すっきりしました。

ウォークインクローゼットの中の捨てたガラクタ3

f:id:kogasora:20190613150821j:plain

これは、籠です。小さい丸いのは、20代の頃からの遺物かも。籠は可愛くて「つい買ってしまう」もののうちの1つでした。

わたしにとって、憧れのナチュラルライフのイメージそのものだったかも。

独身時代は、大きい籠はタオル入れに、小さい丸いのには洗濯バサミを入れて、それなりに用を足していたのですが、今は不要になっています。

ホコリもたまりやすく不衛生な気もしますので、捨てることにしました。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

終わりに

とっとと捨ててしまえば良さそうなものばかりですが、「処分しよう」と思ってクローゼットをあけると、何だか、開けてみただけで疲れてしまい、手つかずでいたものばかりでした。

服の断捨離が進んで、やっと処分する勇気がわいたのです。

そして、このガラクタを処分したら、さらなる断捨離への勇気がわいてきました。断捨離の旅はまだまだ続きます。