晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

断捨離したものの断捨離の結果:しばらく保留ボックスは断捨離しようと思う。

断捨離したものの断捨離の結果:しばらく断捨離ボックスは撤去しようと思う。というタイトルで、最近捨てたものと、感じたことを書きます。

「断捨離したものを断捨離」って、ちょっと変ですよね? 一度断捨離したら、本当はもう残っていないハズなんですから。

 

断捨離したものの断捨離とは?。

一度断捨離したものを断捨離するという現象は、「保留ボックス」があったからです。

私は、ついこの間まで、「衣類と布類の保留ボックス」を設定していて、「保留ボックスに入れたら断捨離したことに」していたんです。

「衣類と布類の保留ボックス」は、「衣類と布類のゴミ箱」みたいなものでした。

以下のような記事も書きました。

服の捨て方(中級編)。おすすめな保留ボックス。

まだ迷ってるものがたくさんあるときは、自分の気持ちにも優しい、保留ボックスは良いと思います。

その後、私は「収納の断捨離」をしたくなりました。それで、保留ボックスに使っていた衣装ケース自体を捨てました。このことは以下の記事で書きました。↓

収納ケース捨てたら、中身も捨てたくなってきました:モノが減る理由。

外側を先に捨てたので、中身が剥き出しで残っていましたが、その方が「気になって」ちゃんと捨てられることがわかってきました。

この剥き出しになっていた中身こそ、「断捨離したものの断捨離」です。 

日々少しずつ捨てていきましたが、なくなるまでは、猫のお気に入りの居場所になっていました。↓

f:id:kogasora:20200917071808j:plain

余談ですが、猫って、こういう狭くて暗いところ、大好きですよね?

でもまあ、中身は徐々に減らしていき、残りわずかになりました。

そして、さらに、まだ残っている収納ケースが3つありますが、それも粗大ゴミに出すことにし、自治体に申込みしました。

 

 

捨てた衣類小物

残っていて捨てたのは、衣類の小物ばかりです。

f:id:kogasora:20200917071829j:plain
f:id:kogasora:20200917071815j:plain
f:id:kogasora:20200917071811j:plain
f:id:kogasora:20200917071804j:plain

f:id:kogasora:20200917071800j:plain

毛玉が気になっていた冬の靴下と、以前、湯シャンで使っていた綿の手袋です。

この手の小物は、雑巾にはとても便利です。手にはめてちょこっと掃除に向いています。特に手袋は、細かいところが拭けて良いです。

特に意識していませんでしたが、やはり捨てるときに掃除に使ってから捨てるようにすると、部屋はキレイになっていきますね。

しばらく保留ボックスは断捨離

保留ボックスと、その中身を捨て終わって、しばらく保留ボックスは設置しないことにしたくなりました。

心境の変化があったわけです。

「気になったもの」は、迷ったままにしておくよりは「すぐに捨てる」という方向にした方が、ガラクタが減るスピードは早くなります。

ガラクタ処分のスピードアップが一概に良いことであるとは言えません。迷いが必要な時期もあると思うからです。

でも、最近、「あまり迷わなくても良いのではないか?」と思い始めたんです。

そう思うようになったのは、「捨てることへの抵抗」が減ったからです。きっかけはまた別の記事で書こうと思います。

とにかく、以前は「捨てることに抵抗」を感じて保留にしていました。

でも今は、むしろ「保留ボックスがあることの方が抵抗」だと感じているんです。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

今日は「断捨離したものの断捨離の結果:しばらく保留ボックスは断捨離しようと思う。」というタイトルで書きました。

断捨離に無理は禁物! 無理って、気の重さだったり、「何か抵抗がある」ってことでもあります。

抵抗のないように、自然に断捨離できるなら、捨てることは「良い気が流れ」「エネルギーの循環が良くなり」という方向に流れていくことなのかな? と思っているところです。

保留ボックスの中身を捨て切ったことは、心を穏やかにしてくれました。