晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

画材を処分して、もう絵が描けない自分を許してやろうと思う。(2394個まで捨てた結果。:いらないもの1000個捨てるチャレンジ3回目その6)。

画材断捨離について書きます。

「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」の3回目で、通算3000個を目指して、いろいろ処分中です。

画材を捨てるなんてあり得ないと思い込んでいましたが、もう何年も前から、絵を一枚も描いていません

画材を目にするたび、「絵を描かなくちゃ」という気分になっていました。絵を描くようにと、自分で自分を責めていたようです。

これをやめるために画材を捨てました。「もう絵を描かなくていいよ!」と、自分に許可を与えホッとしています

それでは捨てたものをご紹介しますね!

 

捨てた画材

2127〜2161個. クレヨン8本と色鉛筆24本と箱3つ。

まずは、わりと捨てやすいものから手をつけました。

以下はクレヨン8本と箱です。

f:id:kogasora:20190830171933j:plain

それから、以下は、色鉛筆12本と箱です。↓

f:id:kogasora:20190830171927j:plain

そして、以下は、フリクション色鉛筆というもので、12本と箱です。↓

f:id:kogasora:20190830171922j:plain

フリクション色鉛筆は、画材というよりは文房具かな? あったことさえ覚えておらず、一度もまともに使っていません。ただ面白がって買ってみたことを何となく思い出しました。

2162〜2166個: 絵にまつわる道具5個

次に捨てやすかったものは、絵にまつわる道具色々です。↓

f:id:kogasora:20190830172028j:plain
f:id:kogasora:20190830172022j:plain
f:id:kogasora:20190830171954j:plain

左から、パレットナイフ、筆、パレット、フィキサチーフという、仕上げに使うもの、ジェッソという、下地に使うものです。

フィキサチーフのスプレーは、中身がほぼ満タンで残っていたので、使い切るのがちょっと大変。ベランダで、紙に吹き付けてかわかして捨てました。

2167〜2217個: カラーインク51アイテム

次に捨てたのは、カラーインク25本です。↓

f:id:kogasora:20190830171947j:plain
f:id:kogasora:20190830171943j:plain

外箱25個、インク25本、全体が入っていた袋1、合計51個すてたとしました。

カラーインクは水性なので、排水口に流して捨てましたが、これを捨ててかなり疲れてしまい、続きは次の日に。

2218〜2258個: 水彩色鉛筆41アイテム

以下は水彩色鉛筆の40本セットと箱です。↓

f:id:kogasora:20190830172004j:plain

水彩色鉛筆は、描いたあとから水をつけた筆でぼかしたりすると、水彩画みたいになるところが素敵だと思っていました。

2259〜2394個: 水彩パステル136アイテム

以下は、水彩(水性)パステル126本セットとその付属品で136アイテムとしています。↓

f:id:kogasora:20190830172009j:plain

f:id:kogasora:20190830172019j:plain

この126本のパステルセットは、高価だったのに、見てわかる通り、ほとんど減っていません。使わないということが、本当にもったいないと感じる一例です。

過去の画材の断捨離

ちょっと過去の画材の断捨離について描きます。

わたしは、子供の頃から、何となく、自分は絵が好きだと思い込んでいたので、画材は後生大事に持っていたのです。

また、イラストレーターみたいな、絵を描く仕事に憧れもありました。画材については、野望ガラクタとして、以下の記事でも書いています。↓

わたしの「野望ガラクタ」3つ、お見せしちゃいます。:見果てぬ夢の断捨離。 - 晴れやかブログ

断捨離を始めた初期のころ、小学生のときに母にもらった油絵の道具や、元夫に買ってもらったパステルのセットを捨てました。

劣化していたり、元夫のことなどは早く忘れたかったからです。

でも、その後、やはり「自分は絵を描こう」と思って、画材を捨てたことを後悔し、油絵の道具などを買い直したのです。ですがそれも捨ててしまいました。

そしてまたしばらくして「やっぱり絵をやろう」と思って、今回処分した画材を買い直したのです。

でも、結局、絵は5枚も描かずに終わりました。

今は、もう、絵を描くことへのエネルギーは残っていないように感じます。何年も前に、最後の絵を描いて、それ以上この分野に何もしていません。

重かった画材の断捨離

今回の断捨離祭りのなかで、この画材の断捨離は、とても重たい、大変なもののうちの1つでした。

それは、「やらなければ」という義務感や「絵を描けないダメなわたし」という自分を責める気持ちがあったということもありますが、何よりも、画材が、ほぼ手つかずのまま残っていて、本当に「もったいない」と思ったからです。

過去に何度も捨てては買い直しということを繰り返して、これらの画材は「今度こそ、一生捨てない」と決心しながら買ったことを思い出します。

でも、やはりまた捨てることにしたのです。

「一生捨てない」という決心はしない方がいい決心です。単なる執着です。

いらないもの1000個捨てるチャレンジとは?

ところで、最後に「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」について簡単にご説明します。

これは、ミニマリスト筆子さんのマネで、断捨離を楽しむため、わたしなりにルールを決めてやっています。以下は参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。 | 筆子ジャーナル

また、2126個まで捨てた記事はコチラです。↓

【手芸材料を断捨離】もっと大事なことを大事にするために捨てたもの。2126個まで捨てた結果。:いらないもの1000個捨てるチャレンジ3回目その5。 - 晴れやかブログ

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、捨てては買い、買っては捨てるということを繰り返した画材について書きました。わたしの持ち物の中で一番、後悔やら無駄やらがあれこれまとわりついているものでした。

ただ、そんな自分も許そうと思います。もし、今後、何かのきっかけで、また絵を描きたいと思ったら、またそのときに必要な画材は買います。

「一生捨てない」とか「一生買わない」とか、極端すぎる決心はしない方が、物とは良い付き合いができるだろうと、今は思っています。

それでは、次回は2395個〜の記事を書きますね。