晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

服選びと断捨離の基準は「必要かどうか」プラス「迷ったらときめき」

わたしはかつて、とても断捨離にハマったことがあります。何年かかけて、数回、大掛かりな断捨離をしました。

その一環で、こんまりさんの『ときめきの魔法』の本を参考にしたことがありました。

それで、「服を全部取り出して床に広げて、ときめくかどうか確かめて、ときめかない服は全部処分する」というような趣旨のことが書かれていました。

それで、実際にやってみたのです。

 

すると、大変なことがわかりました。その当時持っていた服、ときめく服が一枚もなかったのです!

「本のとおり、ときめかない服は全部捨てるとなると、今日から裸で生きなければならない…」というほどでした。

それで、どうしたかと言いますと、ときめかないなりにも、多少マシなものと全然ダメなのと、レベルの低いところでのわずかな差がありました。

そのわずかな差で、全然ダメなレベルのものは、処分することにしました。

f:id:kogasora:20190306101542j:plain

お金があまりなかった時期でした。ですから、服は古着屋に持って行って売り、値段のつかないものは捨てました。

値段のつかなかったものというのは、着た惜し過ぎてすり切れたジーパンなどでした。劣化がひどすぎて引き取れないと言われたのです。

古着屋に行ったついでに、売られている服を見ました。すると、中に「ときめく服」があったのです。無理なく買える値段だったので、数枚購入しました。

それ以来、服を買うときは「ときめくかどうか」で買うようにし続け、ときめかなくなった服を処分しつつ、手持ちの服を入れ替えていきました。

そのおかげで、自分の持ち物にお気に入りが増え、生活全体の気分がアップしていきました。

ときめきの落とし穴

でも、ときめきには落とし穴があります。まず、ときめきだけをアテにして服を選ぶと、散財してしまうということです。

最初はときめいていた服も、しばらく経つと古くなったりして「イマイチ」な時を迎えます。

また、買ったときはときめいていたのですが、家に持ち帰ってみると、なんだかしっくりこないこともあります。

そして、さらなる「ときめき」を求めて、服をどんどん買い替えていかなければならなくなります。

こうなってくると、お金だけでなく、「服について悩む時間」も浪費します。

それだけでなく、「ときめき」をもっともっとと求めると、際限がないのです。

たまたま目の前にあるお店の服の中で何かにときめいたとしても、「もっとときめく良いものがあるはず」だと思うと、色々と求めて探し回るようにもなります。

どこかで「ときめき」はストップさせなければなりませんね。

ときめきは恋愛感情に似ている

ときめきは、恋愛感情に似ています。ですから、服にときめくということは「服に恋しちゃってる」みたいなところがあります。

「さらなるときめきを探し求める」のは、目の前にいる相手に満足することなく、「もっと良い相手がいるはず」と探し求めてなかなか結婚相手を決められないということ近いものがあります。

ですから、服選びの基準のすべてを「ときめき」だけに頼ってしまうと、何一つ決められない、ということになってしまうわけです。

買うのも断捨離も「必要かどうか」

服を持つか持たないか決めるには、やはり、「それが必要かどうか」で決めるべきです。

でもだからと言って、まったく「ときめき」を無視していいかというと、そういうわけでもありません。 

迷ったら「ときめき」の出番

オススメなのは、何かを買うときに迷ったときに「ときめきのモノサシをちょっとだけ使ってみる」ということです。

例えば、コートが必要だから買いに行ったとします。そこで「ベージュのコートにしようか、ピンクのコートにしようか」迷ったとき、「どっちが「ときめく」かな?」と、二者択一の時だけ使うようにすると良いです。

服の断捨離にも使えます。似たような服がいくつかあって、どれか一つ捨てたい時だけ「どれがより一層ときめかないか」で、決めるのです。

「ときめき」というものがわかりにくければ「好きか嫌いか」と考えれば良いと思います。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

見れば「ときめく」ものは、わたしの知らないところにたくさんあるに違いありません。

ちょっと足をのばしてショッピングセンターに行けば、もっと「ときめく」服を見つけられそうなのは間違いないのですが、メッタにそこへは出かけません。

近場のスーパーの服で済ませてしまいます。なぜならば、買い物する時間がもったいないからです。

それでも、そんな手近なスーパーでも、必要な服は手に入りますし、いくつかの選択肢の中から、「ときめき」が見つかったりもするものです。

「ときめき」にこだわりすぎて、彷徨わないようにしましょう。