晴れやかブログ

ミニマリストになるのではなく、エネルギーの活性化の為に捨て活をしています。

毛玉のできた服を捨てて78着に。化繊の毛玉の大問題とは?(プチ捨て活3)

昨年末、79着まで増えてしまった服ですが、毛玉問題で1着捨てることにしました。

パジャマがわりの化繊のトレーナーの内側の毛玉です。パジャマなら毛玉はOKと気にせず着ていました。

ましてや内側なんて、全然見えないわけですから。でも、それがかなり大問題となってしまったのです。それで突然、「捨て」の決意が固まりました。

 

捨てた化繊のトレーナー。

以下が捨てた化繊のトレーナーで、一昨年購入し、冬用パジャマとして最もヘビロテだったユニクロのフリースです。↓

f:id:kogasora:20200107100816j:plain

表側は何の問題もないのですが、内側にたくさん毛玉ができています。↓

f:id:kogasora:20200107100906j:plain

毛玉で背中が痒くなるという大問題。

気にせず着ていたのですが、何だか最近、寝るとき背中が痒くて仕方なくなりました。

洗濯用の洗剤のせいだろうか? と悩んだり、わたしは体を基本お湯だけで洗っているのでそのせいかと思って背中を石鹸でゴシゴシ洗ってみたりしました。

でも、先日、ふとこのパジャマを着ているときに、背中を搔こうと思って手をやると、妙にザラザラするのに気づきました。

このザラザラが素肌に刺激を与えて痒みを引き起こしていたようです。

そして、そのザラザラは、パジャマの内側の毛玉だったのです。

毛玉の大問題というのは、皮膚に刺激を与えて痒くなることだったのです。わたしは、先月買ったばかりの新しいトレーナーに着替えました。

新しいトレーナーもフリースですが、まだ毛玉ができてないので肌触りはいいです。そしてすぐに痒みはおさまりました。

化繊はすぐに細かい毛玉ができる。綿はできにくい。

化繊の服は、すぐに細かい毛玉がたくさんできます。一方、綿100%の服は、すぐに毛玉にはならないのです。

パジャマとして着るなら、やはり綿100%の服が良いですね。これからは綿100%のパジャマにしようと思いました。

昨年同じ時期に買った2つのパジャマ用のズボンがあります。1つは化繊なのですでに毛玉がたくさんできています。

外側で見た目は悪いですが、内側ではないので、まだ皮膚に被害はないので着てはいます。

もう1つは綿100%です。こちらは、色褪せはありますが、毛玉はできていません。

最初は同じように交互に着ていましたが、今は綿100%を着ることが多くなりました。

雑巾にして捨てました。

今回の服は、そのまま雑巾にして捨てました。袖だけ少し濡らして床を拭き、乾いた部分で乾拭きです。

ウエスにしなくても、大きいままで使いやすかったです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

新年早々、服が捨てられて、幸先が良い感じがしました。今回捨てたものに関しては、買い足す必要がありません。服が78着に減りました。

やはり服の数が減るのは気持ちが軽くなるものです。

パジャマを一枚余分に買ってしまったなあと先月反省したところでしたが、それで出て行ってしまったような気もします。

それにしても、素肌に着る服は、フリースはやめたほうが良いのだと改めて思い知らされた次第です。以後反省です。