晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

映画『365日のシンプルライフ』から学んだ、物を減らすための究極の方法。(3775個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

今日は、フィンランド映画『365日のシンプルライフ』から学んだ、物を減らすための方法について書きますね。

断捨離とかコンマリさんの「ときめくかどうか」とかでは、なかなかスッキリできない場合に、特におすすめな方法です。

それでは詳しく書きますね。

 

映画『365日のシンプルライフ』から学んだ、物を減らすための究極の方法とは?

まず、最初に、これがどんな方法かご説明します。 ひとことで言って、捨てるものを選ぶのではなく、「残したいものを先に選ぶ」という、逆の発想です。

映画『365日のシンプルライフ』の公式ホームページはコチラです。↓

映画『365日のシンプルライフ』オフィシャル・サイト

実を言うと、わたし自身はこの映画を観ていません。Kindleで300円で読める『ミニマリスト生活~すっきりシンプルな暮らし~』(スズモリ ウタコ著)という本で紹介されていた方法なんです。

この本の著者、スズモリ ウタコさん(漢字では、鈴森詩子さん)は、断捨離などでは物を減らすことができなかったそうですが、この映画の方法を応用して物を減らすことに成功したそうです。

この本から、映画『365日のシンプルライフ』の主人公が、自分の持ちモノを全てリセットするために行った実験のルールを引用させていただきます。

◆ルール1. 自分の持ちモノ全てを倉庫に預ける

◆ルール2. 1日に1個だけ倉庫から持って来る

◆ルール3. 1年間、続ける

◆ルール4. 1年間、何も買わない

これがその「物を減らす」ための方法です。鈴森さんは、これをクローゼットに応用して洋服を減らすことに成功されたとのこと。

まず、クローゼットの中を空っぽにして、服は別の部屋に移動して、毎日1着ずつ戻していったそうです。

これで鈴森さんがどうなったかは、ぜひ本を読んでみてください。『ミニマリスト生活~すっきりシンプルな暮らし~』も、とてもおすすめです。

デスクの引出しへの応用。

わたしは、上記の方法を、さらに小さなエリアに限って応用してみました。それがデスクの引出しです。なぜデスクの引出しにしたかと言いますと、ここが、小さいのにもかかわらず、なかなか、ゴチャゴチャ感が消えなかったからです。

今回わたしがこの方法で片付けてみたのは、以下のデスクサイドキャビネットの1段目です。↓

f:id:kogasora:20190422180114j:plain

以下は、その引出しの、今年の5月時点のカオスな状態です。↓

f:id:kogasora:20190422180900j:plain

断捨離を続けていたので、最近はもう少しキレイになっていましたが、それでも何だか雑然とした感じがどうしても消えなかったのです。

それで、まず、この引出しを全部カラにして、別の場所へ全部のモノを移動しました。

そして、わたしの場合は、1日に1つではなく、このデスクの引出しに「本当に入れておきたいものだけ」戻したのです。

わたしは、以前から、この引出しは、カギとアクセサリーだけにしたいと考えていました。

それで、思い切って、カギとアクセサリー以外のものは、全部、別の場所に保管するか、捨てることにしたのです。でも、捨てたものがほとんどです。

この方法で、やっとスッキリしたデスクの引出しができました。

デスクの引出しから出てきた不用なもの。(捨てたもの3752〜3775個目)

それでは、このようにして、デスクの引出しに戻さず、他に置き場もなく、捨てたものをご紹介しますね。

以下の2点は、鉛筆削りとパソコン用のクリーナーリキッドです。↓

f:id:kogasora:20190917155731j:plain

以下の5点は、左から、不明なアダプター、バンドエイド、不明なリモコン、ヘッドホンの耳に入れる部品、編み針のケース、ガラクタばかりです。↓

f:id:kogasora:20190917155723j:plain

以下の2点は、シルバーアクセサリーを磨くためのシートです。シルバーアクセサリーがなくなったので要らなくなりました。↓

f:id:kogasora:20190917155717j:plain

以下の2点は、何に使うかよくわからない布と、お菓子の袋の切れ端です。↓

f:id:kogasora:20190917155713j:plain

以下の1点は、プリンターの付属品ですが、使わないので捨てることにしました。↓

f:id:kogasora:20190917155709j:plain

以下の3点は、左から、以前住んでいたときのアンテナのアダプター、ストップウォッチ、何かのアダプターです。↓

f:id:kogasora:20190917155658j:plain

以下の8点は、ポイントカードや期限切れのクレジットカードなどです。↓

f:id:kogasora:20190917155704j:plain
f:id:kogasora:20190917155701j:plain

f:id:kogasora:20190917155654j:plain

以下の1点は、爪みがきのペーストです。↓

f:id:kogasora:20190917155651j:plain

以上が、引出しから出てきて捨てたものです。たいして場所をとらない小さなものばかりです。

そして、何に使うかよくわからないというものも多かったです。

「何に使うのかはっきりさせてから捨てよう」と、ついとっておいてしまいまいましたが、もう何年も、これらのモノがなくても、困ったことは一度もなかったのです。

 

いらないもの4000個捨てるチャレンジについて

ところで、今「いらないもの4000個捨てるチャレンジ」をやっていますが、これについて簡単にご説明します。

もともと、筆子ジャーナルの筆子さんのマネで、本来は「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」と言います。以下は参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

まず1000個を目指して物を捨てていくというものです。わたしは、断捨離のモチベーションアップのために、この企画を使わせていただいています。

物をどのようにカウントするのかというルールに関しては、わたしなりに適当にルールを決めてやっています。

これの4回目に突入し、4000個を目指しているところです。これを「4000個捨てるチャレンジ」と呼んでみました。

また、3751個まで捨てた記事はコチラです。↓

毎日使うモノだからこそ「気に入らない」を捨ててプチストレスを改善!(3751個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

映画『365日のシンプルライフ』と、アマゾンKindleの『ミニマリスト生活~すっきりシンプルな暮らし~』(スズモリ ウタコ著)から学んだ、物を減らす方法をご紹介しました。

「何を捨てるか」ではなく「何を残すか」という方法です。捨てるものを選べない方、ぜひ試してみてくださいね。