晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

「ミニマリストはクローゼットは1つでいい」(収納ボックスの捨て活2)

「ミニマリストはクローゼットは1つでいい」を合い言葉に、今2つ使っているクローゼットのうち1つを空にして夫に返すことに成功しました。

モノを減らすことに本腰を入れたのです。

それに、ミニマリストどころか、多くの人はそもそもクローゼットは1つですし、私自身も以前は1つだったのです。

特に一人暮らしのワンルームなんて、クローゼットって、1つあるかないでしょう。

部屋の広さ、収納の多さに甘えていたとも言えます。

それはさておき、収納ボックスをさらに2つ捨て、入れ方を工夫したら、もう一方のクローゼットに難なくおさまりました。

それでは捨てたものと空けたクローゼットをご紹介しますね。

 

クローゼット収納と断捨離の目標。

この記事は、以下の記事の続きとなります。↓

収納ボックスを捨てるプロジェクト:捨てられなかった理由は失敗が怖かったから。

上記の記事で書いた目標を簡単に書きます。

  • 本や書類用の収納ボックスを3つ捨てること
  • 衣類収納ケース(プラスチックの引出し式)5つ全部捨てること
  • 2つ使っているクローゼットを空けて夫に返すこと

上記の目標のうち、1部分を達成したところです。

収納ボックスを2つ捨てた。

捨てた収納ボックスは以下の2つです。↓

f:id:kogasora:20200728073806j:plain

1つは既に書類を整理しほぼ空でしたが、もう1つは小物がいろいろ入っていました。↓

f:id:kogasora:20200728073820j:plain

上段は、プリンターに使うコピー用紙などです。下段はCDと折り紙、工具です。

これらの小物を収納するのに、デスク用の3段の引出しを空けてその中に入れましたが、細々としたものを入れるのに、「玉突き」みたいな整理をしました。

「玉突き」みたいな整理整頓

1. アクセサリーの移動

デスクの引出しにはネックレスなどアクセサリーが入っていたので、それらを洗面所の引出しへ移動しました。

アクセサリーは以下のような箱に入れて寝かせて置いてあったので、箱も捨てました。↓

f:id:kogasora:20200728073811j:plain

やはり、箱は「良いような悪いような」で、場所はとりますね。

2. コピー用紙を移動

そして、引出しの1つを完全に空けて、コピー用紙を平らに入れることができました。

3. CDなどを移動

それから、CDなども引出しの中に効率よく収めました。

このようにして小物を上手く引き出しに収め、収納ボックスを空にすることができました。

 

クローゼットの中も玉突きで整理整頓。

クローゼットの中も、「玉突き」みたいに整理整頓しました。

1. カラーボックス6つの向きを変える。

まず、1つのクローゼットの中の6つのカラーボックスの向きを変えました。↓

f:id:kogasora:20200726094412j:plain
f:id:kogasora:20200728073754j:plain
左がビフォー、右がアフター。

こうすることで、クローゼットのポールの奥まで使うことができるようになりました。自分自身も奥まで入って行かれます。

書類や本は見にくくなりましたが、日記等もこのエリアに収めているので、返って目につかなくて良いかも知れないと思っています。

また、書類の一部は永久保存版で、普段は見ません。倉庫みたいなものなので、光も入りにくい方が劣化もしにくいので、この方が良いです。

2. バッグを移動。

収納ボックス2つ捨てたことで、クローゼット上段に空きができたので、ポールにフックでぶら下げておいたバッグを移動。

以下はクローゼット上段のビフォーアフターです。↓

f:id:kogasora:20200726094401j:plain
f:id:kogasora:20200728080809j:plain
左がビフォー、右がアフター

写真だとわかりにくい上に、個人的な好みの問題かも知れませんが、クローゼットの上段の収納ボックスを撤去したことで、圧迫感が消えました。

「ここはバッグのための場所なのだ」と感じました。

3. 冬物と収納ケースを移動。

バッグを移動したことで、ポールに空きができました。

そして、夫に返そうと思っているクローゼットから、ハンガーにかかっている服を全部移動しました。

また、クローゼットの下の引出しを奥へ移動し、ポールにかかっている服を長さでわけ、短い服の下に収納ケース5つを移動しました。↓

f:id:kogasora:20200726094412j:plain
f:id:kogasora:20200728073754j:plain
左がビフォー、右がアフター。

左奥がデッドスペースになっていましたが、無駄なスペースが埋まり、ギュウギュウ詰めではありますが、この方が効率の良い収納となりました。

今までのことを考えると、「ゆったり収納だったのか、ただ散らかっていたのか」微妙なところです。

ギュウギュウ詰めではありますが、今の方が何となくクローゼットの中の「気」が良い感じで、再びクローゼット「パワースポット感」が戻ってきた感じです。

夫に返したクローゼット。

上記のように整理整頓したところ、夫に返そうと思っていたもう1つのクローゼットが空きました。

f:id:kogasora:20200726094421j:plain
f:id:kogasora:20200728073800j:plain
左がビフォー、右がアフター

そして、夫に使って良いよと言いました。でも、夫は「まあ積極的に使わないとは思うけど」と言っていたので、ちょっと別のアイデアを話しました。

それは、畳むのが面倒くさい夫のシャツなどの洗濯ものを、ここにハンガーごと入れるというものです。

「忙しくて洗濯物をたたむのが面倒くさいときは、ここに掛けとくから見てね!」

と言いました。

夫はたいして喜んでいませんでしたが、私にとっては「洗濯物をたたまなくていい」というラク家事の面で一歩前進、嬉しいです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、収納ボックスの捨て活の中間報告を書きました。

「ミニマリストはクローゼットは1つでいい」は、今の私の合い言葉…というよりも戒め(いましめ)です。

1つにしてスッキリです!

クローゼット2つだったことを振り返ると「ゆったり収納だったのか、ただ散らかっていたのか」わかりません。

「ゆったり収納なのか、非効率なデッドスペースなのか?」

「贅沢なのか、無駄なのか?」

まあとにかく、収納は、作り付けにしろ、収納ボックスにしろ、小さな箱にしろ、「非効率なデッドスペース」を生み出してしまうということも実感。

最初は失敗を恐れていましたが、今後は収納を減らしていこうと決意を新たにしました。