晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

60歳までに断捨離した方がいいと、50代のわたしが思う理由3つ。

わたしは今、人生何度目かの断捨離祭りをやっていますが、50代になってからは初めての断捨離まつりです。

そんなわたしが改めて思うのは、もし断捨離するなら、60歳までにした方が良いということです。

その理由を3つ書きます。

 

理由1:体力の問題。

まず、体力の問題です。断捨離を何度かやった人ならわかるかと思いますが、断捨離をやるのには、かなり体力が要ります

特に重たい家具の処分などは、それだけで労力がかかります。部屋が汚部屋なら汚部屋であるだけ、その大変さは増します。

30代の頃に最初の断捨離をやり、汚部屋だったその時よりも遥かに、部屋の状態はマシなのですが、1つ1つのことが、肉体的に大変だと感じるからです。

「これは、60歳を超えたら、もっと体力がなくなっているだろう。」と、普通に予想できます。

理由2:未来の自分にキレイな部屋をプレゼントする。

2つ目の理由は、部屋をキレイにするなら、出来るだけ早い方が良いということです。「50代だから」ということだけではありません。

「今」が人生で一番「早い時」です。部屋をキレイにするのが早ければ早いほど、その後の人生のクオリティがアップするはずです。

キレイな部屋は60代という老後の自分へのプレゼントです。

だんだん衰えてくる年代、キレイな部屋でゆったりとした気持ちで過ごさせてあげた方が、老後の未来の自分が喜びます。

f:id:kogasora:20190829182619j:plain

理由3:終活を意識するからこそ

50代にもなれば、終活のことも意識にあがってきます。エンディングノートを作る人もいますね。

わたしは、自分のエンディングを考えたとき、特に家族である夫に対して「見たくもないものを見せたくない。」と思います。

再婚したわたしの夫は、夫の方もわたしとは再婚で、前妻さんとは死別しています。今のわたしと同じ歳で、病気で亡くなりました。

前妻さんの死後、夫は前妻の持ち物をたくさん断捨離したそうですが、中には「俺に見られたくなかっただろう」ものも色々あったそうです。

それが一体どんなものかは教えてくれませんでしたが、「もし、自分の死期をわかっていたら、俺に見られたくなかったようなものも、始末させてあげられたのに。」と言うのです。

わたしは、この言葉にショックを受けました。

わたしが夫に見られたくないと思っているようなものは、夫も見たくないのだということが、わかったからです。

順調にいけば、わたしよりも夫の方が早く逝くでしょう。でも、人生は何が起こるかわからないのです。

それで「いつ死んでも大丈夫なようにしておきたい。」と、少なくとも60歳までには終わらせたいと感じた次第です。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、60歳までに断捨離した方がいいと、50代のわたしが思う3つ理由について書きました。

50代だからとか、60歳までにとか、そういうことには無関係に、断捨離は、思い立ったらいつ始めても良いのです。

ただ、わたしは、50代になって、以前はあまり意識していなかった「老後」とか「死」とかを、「自分にもそのうちやってくるもの」としてリアルに意識するようになりました。

そして、「老後」や「死」という、自分のエンディングへの準備として、断捨離という活動は、とても良いものだと思っているのです。