晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ミネラルファンデーションって、本当におすすめなの?

肌に安全でやさしいというイメージのあるミネラルファンデーションおすすめだという記事もときどき見かけます。使われている方も多いのかと思います。

ところで、今日はちょっと問題提起な記事です。本当にミネラルファンデーションって、安全なのでしょうか?

以前、ミネラルファンデーションについて、気になる記述を読みました。それについて書きたいと思います。

愛用中の方にも読んでいただきたいですが、わたし個人の単なる意見です。不愉快でしたら、スルーor放置でお願いします。

 

 

「ミネラル」は落ちにくい。

「ミネラル」という言葉には「良さげ」なイメージがあります。

ですが、ミネラルというのは金属などの鉱物で、そもそも何か肌に潤いを与えるようなものではありません。

むしろ、その「水にも油にも溶けない」鉱物としての性質のため、毛穴に残り、なかなか取れないのだとか。

以前、以下の本を読みました。↓

f:id:kogasora:20191023092125j:plain

『化粧品に頼らない素肌美人のつくりかた』(山口麻子:著)という本です。わたしはKindleで読みました。アマゾンなどで買えます。

著者の方は美容皮膚科のお医者さんで、肌断食で有名な「宇津木式スキンケア」の宇津木先生に出会ったと書かれていましたので、「宇津木式スキンケア」の本だと思っても良いかと思います。

上記の本から引用します。

クリニックで治療をおこなうときは、まず最初にファンデーションを落としてもらうのですが、「薄づきのミネラルファンデしか塗っていません」という人ほど、ファンデーションが落ちない。石けんで洗っても、ミネラルが毛穴に残っているのです。そのままレーザー治療をすると、金属が反応し、バチバチと大きな音がします。

落ちにくいファンデーションは、確実に肌を傷めます。「天然の鉱物だから肌にやさしい」というのは、ただのイメージ。

このことが、もし本当なら、とても怖いと思いませんか?

また、ミネラルファンデーションを使っている人は、肌の状態がなかなか回復しないのだそうで、治療にも時間がかかるのだそうです。

わたしはこの記述を読んでから、ミネラル系のものは、「ちょっと試しに」使ってみる気にもならなくなりました。

「ミネラル」という言葉のイメージに惑わされないで!

なぜか「ミネラル」という言葉のイメージに惑わされてしまいますね。「シンプルでナチュラルなスキンケア」という言葉と結びついて、いかにも肌に良さそうです。

でも「ミネラル」って、和訳すると「鉱物」なんです。「鉱物」っていうと、途端に「シンプルでナチュラルなスキンケア」イメージから離れることができます。

粒子の細かさも問題

また、粒子が細かく、肌をきれいに見せてくれるそうですが、粒子が細かいがゆえに、わりと簡単に皮膚の角質層に入りこんでしまうというのです。

それなのに、肌に安心なファンデーションの代表格のように刷り込まれてしまっているのって、すごく問題だと思っています。

 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

ミネラルファンデーションを使い続けていれば、鉱物が、次第に角質層に入りこんで、肌の内側に蓄積されるのではないかと、わたしは警戒しています。

もし、ミネラル(鉱物)が溜まってしまえば、鉱物が排出されるまで、一体どれだけの時間がかかるのかと妄想してしまうのです。

ミネラルファンデーションを愛用されている方には不愉快な記事だったかと思います。ごめんなさい。