晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ノーファンデなわたしがおすすめするフェイスパウダーと下地。

わたしは、昨年から、普段はノーファンデにしました。といっても、すっぴんではありません。今日は、わたしがおすすめするフェイスパウダー下地について書きますね。

 

下地のおすすめはワセリン。

先に、下地について書きます。朝の洗顔は、水かお湯かぬるま湯だけで、水気をよく拭き取ったら、ワセリンをつけます。

以下がわたしが使っているワセリンです。↓

f:id:kogasora:20191021091629j:plain

上記は、マツキヨで購入した日本薬局方(にほんやっきょくほう)の白色ワセリンです。ワセリンは色々なところから出ていますので、特にこのメーカーということはないです。

余分なものが添加されていなければ、何でも良いと思います。個人的には、黄色いものよりは、白色ワセリンが純度が高く、アレルギーの心配が少ないので良いと思っています。

日本薬局方(にほんやっきょくほう)のサンホワイトというのが一番純度が高いらしいですが、どこで売っているのか探せなかったので、入手しやすいものを買いました。

昨日、スキンケアについて記事を書きました。ワセリンは、わたしにとって唯一のスキンケアらしきものです。(乾燥がヒドイときだけセサミオイルもつけますが。)↓

ミニマリストなスキンケアは、洗顔とワセリンだけでシンプルに! 「しない」のが最高のスキンケア。

1日のうちで、顔にワセリンをつけるのはこのときだけです。スキンケアと下地クリームを兼ねて、ワセリンを顔につけます。

ワセリンは、少し手にとって(あずき粒くらい)手のひらにのばしてから、顔に押し付けます。足りないようなら、何度かくりかえします。

多少ベタベタするくらいがおすすめです。(ついでに、唇にも、口紅の下地としてつけておきます。)

ワセリンはベタベタして嫌いだという人がいますが、わたし、このベタベタこそ、下地として必要なものだと思っています。

ベタベタするから、次につけるフェイスパウダーやメイキャップが定着し、一日中、お直しなしで過ごせるからです。

ワセリンのベタベタのおかげで、朝つけたパウダーチークも、夜寝るまで落ちません。

フェイスパウダーのおすすめは透明タイプのもの

フェイスパウダーのおすすめも、「このメーカーのこれ」というものは特にありませんが、透明タイプのものがおすすめです。

商品に「透明タイプ」ということは、とくに明記されてないことの方が多いですが、カバー力のない、フィニッシュパウダーとか、ナイトパウダーのようなものが、「透明タイプ」に相当します。

ちなみに、わたしが現在使っているのは下記のものです。↓

 

f:id:kogasora:20191022120820j:plain

容器の上面

f:id:kogasora:20191022120824j:plain

中身

f:id:kogasora:20191022120816j:plain

容器の裏

これも近所の手頃なドラッグストアで買いました。ちなみにマツキヨです。クラブコスメティクスのすっぴんパウダーというもので、洗顔不要となっています。

ナウトパウダーの一種だと思っています。

つけた直後は多少白っぽいですが、わたしはオイリーなので、すぐに皮脂と馴染み、透明になります。

ファンデーションのようなカバー力はほぼゼロ。こういうのがおすすめです。

素肌の色が自然に見えるので、自分の素肌の色を完全に生かします。でも、全くのすっぴんよりは、多少キレイに見えるような気がします。

乾燥対策と紫外線対策にワセリンとパウダー。

一年ほど前に肌断食を始め、洗顔後、完全にすっぴんで4ヶ月ほど過ごしました。

ですが、乾燥対策と紫外線対策のために、フェイスパウダーはつけた方が良いと判断してワセリンとフェイスパウダーだけはつけるようになりました。

そして、全くのすっぴんよりは、ワセリンとフェイスパウダーだけはつけた方が、肌の調子も良いのだということは実感しています。

パウダーは、特にナチュラルや無添加などは意識していません。ワセリンをつけることで、パウダーが直接肌に付かないから良しとしています。

パウダーは、光を反射するので、特に紫外線指数などが書いてなくても、ある程度、日焼け止めの効果があるそうです。

ノーファンデが可能なライフスタイル

ノーファンデ生活ですが、あらゆる人におすすめかどうかというと、それは疑問です。特に肌に自信がない、お勤めの人なら、ファンデーションで隠したいという気持ちはわかるからです。

わたし自身も、勤めていた頃はもちろん、すっぴんでは過ごせないと思っていました。

今は、自宅で仕事をするようになったので、毎日ノーファンデが可能になりました。

わたしの顔をまともに見るのは夫だけなのですが、50代後半の夫は、目が悪いようで、わたしの肌の大きな毛穴などは見えないらしく、肌はわりとキレイだと言ってくれます。

ありがたいことです。歳をとって、視力が落ちることにも、こんな利点があるんですね!

月に1、2回、あるかないかの特別な外出の時だけ、リキッドタイプかクリームタイプのファンデーションをつけます。

普段ファンデーションをつけないと、素肌が次第にキレイになる効果はあります。そのせいか、たまにファンデーションをつけると、ヤケにキレイに見える気がします。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

もし、ノーファンデが可能なライフスタイルなら、ノーファンデはおすすめです。楽ですし、肌は少しずつキレイになるからです。

お勤めの方でも、メイクアップをすれば、ファンデーションはしなくても、かなりキレイに見えるので、内勤の方など、もし可能なら、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?