晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

洋服代の節約が、50代ミニマリスト、2020年の目標です。

今日は元旦なので、今年、2020年の目標について書きます。わたしは、元旦だからと言って、あまり目標など立てないのですが、今年は目標が内側から湧き上がってきました。

その目標というのは、「洋服代の節約」です。今日は、目標と目標を達成するための方法について書きます。

 

まずは、現実を把握することが大事。

昨日、2019年大晦日の記事でも書きましたが、2019年は、洋服代に50万円以上も使っていたことがわかりました。

わたしは家計簿は今はつけていませんが、今年は、洋服代が気になって、レシートをとっておきました。

そのレシートと、通販サイトの購入履歴、クレジットカードの支払い履歴を、年末になってやっと集計したのです。

実を言うと、2019年は、自分でも「かなり洋服を買っている。」という自覚はありました。でも、自分では、「25万円くらいだろう。」と予測していました。

ところが、実際に計算してみると、50万円を超えていたのです。

自分のイメージの倍以上使っていたことにショックを受けたのです。

何がそんなにかかったのかわからない25万円。

わたしは2019年の5月に、パーソルカラー診断を受けて、その先生と一緒にショッピングに行きましたが、そのトータルが20万円にもなりました。

そのことを、あとで夫に打ち明けるとビックリしていました。

それから、12月になって、ブーツやユニクロで5万円ほど。これも夫に言いました。

わたしが「25万円くらいだろう。」と思った根拠はここにあります。

他のものはほとんどプチプラの積み重ねなのです。ちょっとこのことにぞっとしました。

それにしても、一度きちんと計算してみて、自分の現実を知るのは大事なことだと思いました。

2020年の目標は、洋服代の節約。

前置きが長くなりましたが、2020年の目標は、ズバリ、洋服代の節約です。それでその分貯金します。

洋服代の節約の方法。

それで、どうやって節約するのかという方法を計画しました。以下にその方法を列挙します。

1. 自分のお金の使い方を見張る。

全く洋服を買わないことはできないとは思いますが、日々、自分のお金の使い方を見張っていようと思います。

また、昨年同様、レシートをとっておいて、年末ではなく、もっと頻繁に計算するつもりです。

2. 手持ちの服を見直し、コーディネートをしてから買う。

また、手持ちの服を見直し、コーディネートを先にしてから、足りないものがあれば買おうと思います。

3. 服は一年分で考える。

わたしは、夏の服の方が冬の服よりも多いです。

今のわたしのワードローブがそうなっているのは、夏の服が十分足りているのに、「まだ欲しい」という欲望があり、夏にやたらと買い物をしてしまったからです。

また、3月や11月など、「どうしたらいいかわからない。」時期があったりします。

どうせ買い物をしてしまうのなら、夏に足りたと思った時点で夏の服を買うのをやめて、秋や冬の分にお金を回せば良かったのです。

4. 手持ちの服で満足する。

手持ちの服で満足することも大事です。わたしはもうたくさん持っているのです。

わたしは、家の備え付けのクローゼットを2つ占領しています。(うちには備え付けのクローゼットがたくさんあって、夫は3つ使っています。)

わたしは2つのクローゼットのうちの1つを今のシーズンの服を入れて使い、もう1つのクローゼットに季節外の服を入れています。

季節外の服を入れているクローゼットを、「ウチの中の洋服屋さん」だと考えようと思っています。

f:id:kogasora:20190628084554j:plain

5. プチプラよりも、もっと安い服を買う。リサイクルショップを使う。

先日、リサイクルショップでセーターを買いました。1枚750円のを2枚買って1500円だったのです。

わたしは、スーパーなどで1000円や2000円の服を「安い」と思って買っていましたが、リサイクルショップに比べたら高いです。

もっとリサイクルショップを利用しようと思っています。

6. 季節が変わる前に、服の手入れをする。

それから、季節が変わる前に、手持ちの服の手入れをしようと思っています。

一年前の同じ季節の服を、クローゼットに入れっぱなしにしておくと、何となく古びた感じになったり、小さな染みを見付けて着る気がしなくなることがあります。

でも、洗い直したり、アイロンをかけたりすれば、大抵のものは綺麗になります。

例えば、わたしは、今3月の服をどうしようかと思っています。手持ちの着られそうな服はいくつか頭に浮かんでいますが、ちょっとシワになったりして気になっています。

3月の服を、1月や2月のうちに手入れして準備しようと思っています。

そうすれば、「新品」に頼らなくても、気持ちがアップするに違いありません。

7. 必要なものは買う。

よく考えて必要なものは買うことも大事だと思っています。

例えば、わたしは、今、3月や4月、そして10月と11月に履けるような、足を覆う面積の広い、ブーツではない靴が欲しいと思っています。

ここ数年悩んでいました。恥ずかしいと思いつつ冬のブーツで過ごしたり、寒いのを我慢してパンプスを履いたりしていました。

このような我慢は無駄な買い物を生み出します。昨年、無駄に買ってすぐに売ったスニーカーがありました。

また、11月に長袖のTシャツを買うのを我慢したばかりに、12月に長袖のTシャツを余計に買ってしまいました。

必要なものは必要な時にきちんと買った方が良いと反省しています。

8. 好きなものはたくさん持っていて良い。

わたしは洋服が好きです。ミニマリストは好きなものはたくさん持っていて良いと思っています。わたしの場合の好きなものは洋服です。

頑張って捨てたりしません。それよりも有効活用します。ものを減らすなら、洋服以外の別のカテゴリーのものです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

洋服のことはもっと真剣に考えた方が良いと思いました。

ただ闇雲に我慢するだけの買わないチャレンジではなく、もっと長い目で、自分自身が本当に心から満足できるようにしていくことで、自然に服にお金を使わなくなるように仕向けたいと思って、以上のような計画を立てました。

洋服売り場でワクワクするのではなく、自分のクローゼットの前でワクワクしたいです。そして、我慢ではない節約をしたいです。