晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

あると便利だけど、なくても困らないもの10個。

あると便利だけど、なくても困らないものは、生活していく中で結構あるものです。そんなものを10個あげてみました。

基本的には、代用品があれば、なくてもかまわないという感じです。ものを減らすときの参考になればと思います。

 

1. ヘアバンドやカチューシャ

f:id:kogasora:20190910082852p:plain

わたしは、顔を洗う時に、前髪が落ちてこないように、こういうもので髪をとめていました。この手のものはたくさん持っていましたが、捨てました。

今は小さなヘアクリップで代用しています。タオルをかぶるという手もあります。

2. レインブーツ(長靴)

大雨の日の外出にはレインブーツは便利です。でも、在宅で仕事をしていて、外出がマストではない環境なので、外出しなければ良いですし、別の靴だってかまわないわけです。

3. 使いやすいハンガー

服をかけておくのに使いやすいハンガーとそうでないハンガーがあります。「全部使いやすいハンガーに買い替えようか」とも思いますが、何とかなってしまいます。

4. 腕時計

以前はすぐに時間が見れるということで、いつも使っていましたが、スマホを使うことに慣れてからは殆ど使わなくなりました。

5. スマホ

上記とは逆説的です。スマホは色々なものを便利にしてくれました。腕時計がいらなくなり、固定電話もいらなくなり、メールの送受信やネット検索など、パソコンの代わりになることもあります。

でも、多分、多少不便でも、なくても困らないだろうと思っています。

それにしても、スマホは、あまりにもわたしたちの生活に食い込み過ぎていて、「ないと困る」と錯覚させてしまうほど便利ではあります。

また、スマホ一台のおかげで、逆に多くのモノを減らすことができたかも知れません。

わたしの例では、固定電話、キンドルで読める「紙の本」、腕時計、カメラは、確実にスマホのおかげで削減できました。

今回の10点で取り上げるよりも、また別の機会に、スマホだけの記事を書きたいです。

6. 皮むき

キッチンは、「あると便利だけど、なくても困らないもの」の宝庫ですね。列挙するとキリがないほど。これ以降は、キッチングッズです。

f:id:kogasora:20190910091036j:plain

最初に挙げてみたのは「皮むき」です。便利なので愛用していますが、なければないで、包丁で何とかなります。

7. キッチン鋏

キッチン鋏は、以前、一人暮らしの時、狭いキッチンで多用していました。まな板を取り出して包丁で切るよりも手軽だったからです。

肉や葉もの野菜など、鋏で切っていましたが、なくても、まな板と包丁があれば十分なものです。

8. バット、ボウル

バットやボウルなど、料理の途中で使う器関係は、お皿や鉢、鍋などでいくらでも代用がききます。そのうち撤去してしまうかも知れません。

f:id:kogasora:20190910091417j:plain

ゼロにならなくても、数を減らす対象となっています。

9. 食器洗い機

うちにはありませんが、あると便利そうです。でも、手で洗うことで何とかなってしまいます。また、夫と2人くらしなので、洗いものも大量というわけではありません。

作り付けのシステムキッチンなら良いかも知れませんが、場所もとてもとられそうなので、現状に追加して買うことはないと思います。

10. トング

ステンレスのトングは、肉をひっくりかえしたりするのに便利で愛用しています。わたしは箸が下手なのです。

f:id:kogasora:20190910091441j:plain

でも、やはり箸で間に合うものだと思ってはいます。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、あると便利だけど、なくても困らないものを10個、書きました。このようなものは、わたしの家にもまだまだ沢山見つかります。

きっと、みなさんのおうちにもあることと思います。

必ずしも捨てましょうということではありません。ものを減らしたい場合には、便利を享受しつつ、たいして困らなければ、処分しても良いだろうということでした。