晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

1つあれば十分! 多過ぎていらないもの10選と捨てたもの。(3671個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

「1つあれば十分」とか、「こんなには要らない」とか、必要なものでも数が多すぎるといらないものが増えてしまいます。捨てるに限ります。そんなもの10選を書きます。

整理整頓が悪いと、すぐになくしたりして、「どこかにあるはず。」とわかっていても必要な時に見つからず、ついもう1つ買ってしまったりします。

断捨離やミニマリズムに興味がなくても、多すぎるいらないものは、自律神経を乱し、イライラの元になるので、処分はオススメです。

それでは、多過ぎていらないもの10選を書きますね。

 

1. 目覚まし時計。(捨てたもの3633〜3635個目)

目覚まし時計は、1つあれば十分系のものです。わたしは2つ使っていて、1つは6時半、2つ目は6時50分にならすようにしています。

それにしても、2つあれば十分なのに、それ以外に3つ出てきたので捨てることにしました。

f:id:kogasora:20190910151351j:plain
f:id:kogasora:20190910151154j:plain
f:id:kogasora:20190910143807j:plain

特に右側のアナログ時計は、とてもやかましく、お気に入りでしたが、猫と一緒に暮らすようになり、一緒に寝ていた猫が驚いて逃げ出してしまうので、使用を中止したことから、第一線を退いてしまった感じです。

他の2つは100円ショップのもの。使いこなせず放置し、電池切れとなっていました。捨てるのがもったいないのと、電池交換が面倒だったのも、時計のガラクタが増える原因でもありました。

2. カッター。(捨てたもの3636個目)

カッターは1本あれば十分なのに、2つあったので1つ捨てました。どこかにいってしまって、見つからないからと買ったものです。

f:id:kogasora:20190910143846j:plain

文房具は、「1つあれば十分」なのに複数存在してしまうものの宝庫ですね。

3. カッターの替え刃のストック。(捨てずにまとめました)

カッターの替え刃も、カッター同様、「どこかにあるはずだけど見つからない」という理由で、過去に買ってしまった残りが存在しました。

これは捨てませんでしたが、2セット出て来たので1つにまとめました。

4. 消しゴム。(捨てたもの3637、3638個目)

消しゴムも「どこかにあるはずだけど見つからない」シリーズの1つです。また、それ以外に、外出先で急に必要になって買ってしまったものです。

f:id:kogasora:20190910143841j:plain

2つ捨てます。

5. シャープペンシルの芯。(捨てたもの3639〜3641個目)

シャーペンの芯は、なぜ、いつも、最後の1本がなくなったタイミングでストックが手元にないのでしょうか?

f:id:kogasora:20190910143835j:plain

たいていは、以前つとめていた会社など、出先でこの事件が起こるのです。そして、誰かにもらえないときは、コンビニなどで買うわけです。

使い切ったためしがありません。 

6. スティックのり。(捨てたもの3642、3643個目)

スティックのりはわたしだけでなく、夫もたくさん持っていて、しかもわたしにプレゼントしてくれました。2本内緒で捨てます。

f:id:kogasora:20190910143824j:plain

このうちの1つは、固まってしまってフタが開きませんでした。スティックのりは、最近は、毎月1度、請求書を郵送する時にしか使っていません。

この頻度で使っていたら、1本使い切るのに何年もかかり、使い終える前に劣化してしまいますね。

7. ヘッドホンと延長コード。(捨てたもの3644〜3647個目)

ヘッドホンも1つあれば十分なものです。勤めていたときは、外出用と自宅用の2本にしていましたが、せいぜい2つで十分なのです。

f:id:kogasora:20190910143831j:plain
f:id:kogasora:20190910143827j:plain

気に入って買ったものもありますが、やはり、外出先でたいくつしのぎに音楽を聴きたいと思ったのになかったから買ったというパターンです。

また、パソコンなどのおまけでついてきて増えてしまうこともあります。

ヘッドホン2つと、その延長コード2本を捨てました。

8. リップクリーム。(捨てたもの3648〜3650個目)

以前は、少なくとも、自宅のデスクに1本、ドレッサーに1本、バッグに1本入れっぱなし、会社のデスクにも1本などとたくさん持っていました。

それだけではなく、これも、特に真冬、バッグに入れ忘れては出先で購入するという悪いクセがあり、今回断捨離を始めてから、合計10本くらいは出てきたような気がします。

f:id:kogasora:20190910143820j:plain

すでに捨てたものもありますが、今回、新たに発見されたリップクリーム3本を処分しました。

9. ビューラー。(捨てたもの3651個目)

かつて、頻繁に泊まりで外出していた頃、メイク道具をポーチに入れるのが面倒で、あらゆるメイク用品を2セット持ち、「自宅用」と「持ち出し用」として常備していました。

f:id:kogasora:20190910143816j:plain

このビューラーは、そんな生活の名残です。1つ捨てました。

10. 洗濯バサミ。(捨てたもの3652〜3671個目)

このタイプの洗濯バサミは、少し使っています。少しでいいのに多すぎました。でもまだ「何個残すか?」までは到達していないので、とりあえず20個だけ捨てて様子を見ます。

f:id:kogasora:20190910143810j:plain

いらないもの4000個捨てるチャレンジについて

ところで、今「いらないもの4000個捨てるチャレンジ」をやっていますが、これについて簡単にご説明します。

もともと、筆子ジャーナルの筆子さんのマネで、本来は「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」と言います。以下は参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

まず1000個を目指して物を捨てていくというものです。わたしは、断捨離のモチベーションアップのために、この企画を使わせていただいています。

物をどのようにカウントするのかというルールに関しては、わたしなりに適当にルールを決めてやっています。

これの4回目に突入し、4000個を目指しているところです。これを「4000個捨てるチャレンジ」と呼んでみました。

また、3632個まで捨てた記事はコチラです。↓

テレビの断捨離と捨て方。: 3630〜3632個まで捨てた結果(いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今回は、「1つあれば十分」。必要だけど多過ぎるとガラクタになってしまうという、いらないもの10個について書きました。

必要だからゼロにはできなくても、多すぎると使わなくなって、モノが泣きます。最近知った「全捨離」流に言えば「衰気」を放つという状態になり、運気を下げるのだとか。

捨てるか、必要な人にあげましょう。