晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ボーダーTシャツコーデ:「脱・黒白」の色選びもおすすめ!(ミニマリストの持ち服2)

ボーダーTシャツやカットソーのコーデについて書きつつ、手持ちの服をご紹介します。

持っている服を紹介するシリーズで、今日は手持ちのボーダーTシャツについてです。

 

ボーダーTシャツ2着。

以下が、わたしが持っている2着のボーダーTシャツで、手持ちの服の中で、最も新しい服です。↓

f:id:kogasora:20200609091051j:plain
f:id:kogasora:20200609090941j:plain

この2枚のTシャツは、今年2020年5月に、近所のAOKIで購入し、両方とも税別で490円でした。

左側は七分袖で、色は写真では少しズレて白に見えますが、明るいベージュと黄土色のボーダーです。

右側は、明るいベージュとライトオレンジのボーダーです。

AOKIの新聞折り込みチラシで、「半額で買って下さい!!」みたいなことが書かれていて、夫が行きたいと言ったので一緒に行ったときに見つけました。

どちらも安売りでしたが、M・L・LLというサイズ展開も揃っていて、試着もできました。私はLサイズを買いました。

AOKIはもともとビジネス系のスーツなどのお店ですから、恐らくこれらのTシャツは、ジャケットのインナー向けに作られています。

そのおかげが、形はきれいで程よく体にフィットする感じで、その点とても気に入っています。

ボーダーTシャツのコーデ。

それではコーデについて書きます。コーデはやはり無地が良いです。↓

f:id:kogasora:20200616084354j:plain
f:id:kogasora:20200616084350j:plain

ちなみに左はユニクロのカーブパンツのブラウンと合わせ、右は、これもまたユニクロのベージュ系のワイドパンツと合わせました。

入れ替えても着られます。

パーソナルカラーについて

私はパーソナルカラーがイエローベースのスプリングなので、ブラウンやキャメル、ベージュなどのベーシックカラーのボトムスなら、色は何でも合います。

以下のボトムスも一緒によく着用します。↓

f:id:kogasora:20200609091021j:plain
f:id:kogasora:20200609091016j:plain
f:id:kogasora:20200609091010j:plain

骨格について

私は、骨格についてはミックスですが、上半身は鳩胸でストレートタイプです。ストレートは、Vネックがスッキリして似合います。

ですから、2つのボーダーの内、以下のVネックの方が、私にはよりキレイ目に見えます。↓

f:id:kogasora:20200609091051j:plain

ラウンドネックの方は、ストレートの私には普段着っぽく感じられますが、ある意味、そのせいでリラックスした気分にはなれます。↓

f:id:kogasora:20200609090941j:plain

ラウンドネックの方は、これを着た日は、そのままパジャマとして寝てしまいます。

「脱・黒白」の色選びもおすすめ!

 ところで、ボーダーTシャツというと、やはり黒白が真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか?

少なくとも私はそうです。

黒い服ばかり着ていた頃は、「ちょっと柄が欲しい」と思うと、やはりまずは黒白のボーダーを購入したものです。

でも、自分には囚人服みたいに思えて、他の人が着ているとカワイイのに、何だか違和感があって、あまり着ないでタンスの肥やしになりがちでした。

黒白のボーダーは、夫からの評判も悪かったです。

パーソナルカラー診断を受けて、スプリングだとわかってから、この違和感の原因が判明しました。

今回購入したライトベージュや黄土色、ライトオレンジという色は、私には違和感なく調和し、毎日でも着られるのです。

黒白ボーダーというのは、パーソナルカラーがウィンターの人にしか似合わないので、ウィンター以外の人は、脱黒白はおすすめです。

黒白が本当に好きならいいですが(私は好き嫌いはパーソナルカラーを超えるというスタンスです)。

本当は赤のボーダーが欲しかった。

本当は、今年は赤のボーダーが欲しかったです。といっても、真っ白がまたダメなので、生成りやアイボリーやオフホワイトに、クリアな赤が理想でした。

服にお金はかけたくなかったので、まずは古着屋に行きました。

いくつか赤白系のボーダーが目につきました。でも、やはり白が白過ぎたり、赤の色が暗かったり、またシルエットが良くなかったりと、なかなか良いのがありませんでした。

その後、別の安い服のお店に行きました。そこでも見つかりませんでした。

ただ、別の良い服があったので買いました。でも「赤がいつか見つかったら買って良いよ。」と自分に許可を与えておきました。

それからしばらくして、AOKIに行ったときに、上記の2つのボーダーを見つけて気に入りました。

赤じゃなくても、このボーダーの色は、満足感があったのです。

もし今後たまたま、理想の赤のボーダーTシャツに巡り会えたら、その時は赤のボーダーTシャツを買うかも知れません。

でも、今回の2枚のボーダーを購入したことで、急速に「ボーダー熱」は冷め、「理想の赤いボーダーを求めて彷徨いたい」という気持ちはなくなりました。

ちなみに、ミニマリストの持ち服全部に関する記事はこちらです。↓

ミニマリストの服50代女性:非黒服系84着を公開!

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、手持ちの2着のボーダーTシャツをご紹介がてら、コーデと色選び、買ったいきさつなどを書きました。

どちらも490円というお値段も嬉しく、満足度の高いお買い物となりました。