晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

お気に入りだった靴(ショートブーツ)の断捨離。「今は買わない」「今は履かない」その理由とは?

お気に入りだった断捨離することにしました。長年履いたお気に入りのショートブーツです。

以前は第一線で活躍していたブーツでしたが、今は買わない、今は履かないブーツとなりました。なぜそうなったのでしょうか?

長年履いたお気に入りのショートブーツ

f:id:kogasora:20190428112843p:plain

このブーツは5年以上前に購入したもので、ソールを直しながら、冬の時期には最もよく履いた靴のうちの1つです。

2万円くらいした、わたしとしては高額なブーツでした。

ただ、よく履いていたのは、独身時代です。出番がなくなったのは、夫に「変」「おばさんぽい」と言われたのがきっかけです。

f:id:kogasora:20190428120503p:plain

このつま先の部分が丸くなっているのが、「変」「おばさんぽい」という理由です。

こういうのって、単なる夫個人の好みの問題で、「そんなのは平気」と、履いてしまっても良かったのかも知れません。

それでも、他に履く靴がないわけではなかった中、ネガティブな印象がこびりついてしまったこのブーツを、チョイスすることは次第になくなりました。

そして、ついに、この冬、一度も履かずに終わりました。

ところで、この靴は、購入当初から、ちょっとした難点がありました。3E(スリーイー)で、幅がゆったりできています。

問題はこの点でした。わたしは2E(ツーイー)で、足の幅があまり広くないのです。買った時は夕方で、足がむくんで大きくなっていました。

それであまり気にならなかったのですが、日常的に履き始めたら、やはり靴の中で足が踊ってしまっていました。

そこでアレコレ考えて、ぶ厚い登山用の靴下を購入したのです。

f:id:kogasora:20190428112832p:plain

一足1500円以上もした、登山用のソックスです。メイン素材がウールでフカフカで、とてもはき心地が良かったです。

この靴下を履くと、ユルすぎたブーツがピッタリになりました。それで、このブーツを履く時は、いつもこの靴下を着用していたのです。

何年も履いたのに、この靴下は全然ダメになりません。たまに毛玉ができても、簡単に手で取れるようなものです。

とてもモッタイナイという気持ちになりましたが、この靴下もブーツと一緒に処分することにしました。この靴下を履いた上で履ける靴が他に一足もないからです。

また、家の中で履くにしても、今のライフスタイルでは、薄手の靴下の方が良いのです。それで、手放すことにしました。

ブーツにしても、靴下にしても、個人的には大のお気に入りでした。手入れも良くしていたので、何年も履いたのに、今でも気持ちよく履けます。

個性的で、「わたしらしいな」と自分で思っていたブーツです。

処分を決めた理由

そんな靴を手放すのは、かなり迷いました。「夫に文句をつけられたから…」というだけでは、何だか「自分軸がない人」みたいに思えて情けなくもなります。

でも、これを手放すのは、やはり「個性的すぎる」ことと「夫から見て、変だ」というのが理由なのです。

このブーツは一人で履いている分には、何の問題もありませんでした。

でも、このデザイン、会う人を選ぶのは確かです。勤め先にもよく履いて行きましたが、個性的な服装をしてもOKな職場だったからです。

実はこのブーツ、夫と出会って間もない頃の多少気取ったデートの後、とてもカジュアルな場面で、「どんな反応をするだろうか?」と、恐る恐る履いてみたブーツでした。

そして、「この靴、変かな?」と聞いてみたこともありました。

最初のうちは「変じゃないよ。」と言ってくれました。それは夫が親切だったからだと思います。

それで「こういうのを履いても大丈夫な人なんだ」と、わたしが夫を決めつけて、普通に履くようになっていました。

でも、一年ほど経ってから、「変」だと言われたのです。次第に本音を言ってくれるようになった結果です。

夫と自分の服の好みの違いをどうするか問題

ところで、夫婦で服の好みが違う場合、どこまで相手の好みを受け入れるのが適当なものでしょうか?

全く受け入れず、好きなものを好きなように着るというところから、完全に相手の好みに合わせるところまで、色々なスタンスがあると思います。

その中間のどこかが良いのでしょうか?

わたしは、このブログでも、時々「夫に服に文句をつけられた話」を書いています。また、再婚して以来、悩みのタネの1つでもありました。

全く受け入れないのも独りよがり、全部相手に合わせるのもストレス。間をとって、「自分好み」「夫好み」に使い分けて服を増やすのも何だか違う気がします。

この問題、悩み続けていましたが、ふと本屋さんで手に取った本に、この問題の解決方法が書かれていました。

どっちの好みか中間かというモノサシではない、全く別の物の見方をする必要があるようです。

この件については、別の記事で書きたいと思いますが、わたしはそのうち、この問題を解決できるだろうと感じています。

最後の処分の決め手

それで結局のところ、色々と問題を抱えたこの靴でしたが、「今、この靴を持ってなくて、お金を出して買うかどうか?」と自分に問いかけてみました。

すると、「買わない」という答えが出てきました。

断捨離の場合、全てのモノにこの「買うかどうか?」の質問が適切かどうかはわかりませんが、今回の件では、適切だったような気がします。

理由はどうあれ「今のわたしは」「買わない」のです。そして理由はどうあれ「今のわたしは」「一度も履かなかった」のです。

無意識(潜在意識)を信じてみる

今は理由はハッキリしなくても、手放した後で、「そうか、やっぱり処分して正解だったのだ」とわかる時が来るような気がします。

わたしのアタマは未だ理解できなくとも、「買わない」「履かない」を選んでいる、自分の無意識(潜在意識)を信じてみようと思ったのです。

意外と正解を知っているのは、アタマよりも潜在意識だったりするものです。

それで、思い切って処分してみることにしたのです。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

処分してしばらくして、やはり処分して良かったな、と思っています。

そもそも最初からこのブーツは問題があったわけです。登山用の靴下を履かなければならないほど、ユルかったわけですから。

もともとサイズの合わない靴だったのです。登山用の靴下はグッドアイデアではありましたが、「登山用の靴下」という余分な物を増やすことにもなっていました。

また、履いた時に「登山用の靴下」を隠すために、スカートは履けず、ブーツカットのパンツばかりになるという、余分なシバリも作り出されていました。

処分して、何か一つ、「楽になった」「自由になった」と感じたのです。

ですから、「今は買わない」「今は履かない」ということは、「楽になりたい」「自由になりたい」ということだったに違いありません。