晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

冬服の断捨離を加速。「毛玉ができたセーター」は捨てるべし。

冬服断捨離、終えたつもりでいましたが、「毛玉ができたセーター」も捨てることにしました。

先日、靴下を「毛玉ができたら」捨てて良いと、自分に許可を与えました。以前は「穴があくまで」履くというのがマイルールだったのですが、基準を変えたわけです。

それで、にわかに、イモヅル式に、「それならば毛玉のできたセーターやカーディガンも処分していいのではないか?」と思ったのです。

処分する自分を許し、キレイなセーターを着る許可を与える

「もったいないから」「処分も買い直すのも面倒だから」というのが、「毛玉ができたくらいでは」捨てなかった理由でした。

でも、本心ではどうかというと、「毛玉のセーターを着るのはいやだなあ」というだけなんです。

この事実は、言い換えれば「毛玉ぐらいガマンして、目をつぶって、着なさい。捨てるのは許さない。」と自分に強要しているようなもの。

「買い替える」ということを考えると、買い物にも手間ひまやお金がかかるわけです。毛玉のセータを着ることは、ものぐさでなまけものの自分を許すという面も確かにありました。

程度とバランスの問題です。

「毛玉のついたセーターを着るなら着るで許し」「捨てるなら捨てるで許し」という自由さを持って自分に接したいと思います。

それで、今回はやはり「毛玉」がとても気になったので、簡単に取れるもの以外は、捨てることにしたのです。

冬服の断捨離「毛玉つきセーター」バージョン

濃いピンクのセーター

f:id:kogasora:20190411140515j:plain

このセーターは、7年前に買って以来、大のお気に入りのセーターでした。H&Mのバーゲンで買った3000円もしない安物ですが、毎年冬の服としては、もっとも使用頻度が高かったものです。

写真だと紫に見えますが、本当はピンク色です。化学繊維のモール状の糸で編んであるセーターで、あまり毛玉もできず、洗濯機で洗っても縮まないし、とても気に入っていました。

仕事でもプライベートでも、何度も着たセーターです。このセーターを着ると、楽しい気分になりました。

でも、やっぱり数年経つと、毛玉が気になってきました。それで「ちょっとなあ」と思いながら、着続けてきました。

特に気になりだしたのは去年からです。繊維の先端に無数の小さな毛玉ができるようになり、取りきれるものではなくなったのです。

着心地が良いので、今年の冬も、かなりの頻度で着ていましたが、「ほとんど家にいるからいいだろう」という気持ちでした。

でも、人に会う日は着ないようになりました。たまに一人でカフェに行った時など、隣にいる見ず知らずの人の目線も気になるようになりました。

あきらかに二軍落ちの服となったはずなのに、着心地が良くて使用頻度は下がらなかったのです。

実はこれは次の冬も着るつもりで、一旦しまったのです。毛玉のついたまま着るという選択もありましたが、手放してみるのも良かろうと思い、処分することにしました。

黒のカシミアのカーディガン

f:id:kogasora:20190411141952j:plain

このカーディガンは、6年ほど前に買ったもので、これも仕事にプライベートに、大活躍していました。

腰までかかる長めの丈で、ポケットまでついているのでとても重宝していました。

でも、やはり毛玉が取れにくくなり、2年前から使用頻度がかなり落ちました。カシミアなので、傷んだらそれなりの風合いで、一生もの、みたいに思っていました。

でも、洗ってもキレイにならなくなってきました。また、一時「黒」がマイブームでしたが、ブームが去ったような気もします。

たまに出して着てみる日は、「暗いなあ」と感じるようになり、迷っていましたが、処分を許すことにします。

からし色のセーター

f:id:kogasora:20190411142643j:plain

写真だとくすんで見えますが、本当はもっとキレイな色をしています。これも、来年も着るつもりでいました。

細かい毛玉が出ていますが、許容範囲としていたのです。これは2年前に買ったもの。スーパーのバーゲンで2000円くらいで、安く買いましたが、色と形が良くて、かなりの頻度で着ていました。

でも、細かい毛玉はやはり気になるので、今回は手放してみることにします。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

今回は、よく着込んだ、お気に入りだったセーターですが、毛玉がたくさんできてしまったため、処分することにしたシリーズです。

お気に入りを手放すのは勇気が入りますが、「もっと良い服と出会えるかも知れない」という希望を持って、「毛玉」を自分に与えるのをやめることにしました。

お気に入りを手放すのはツライと、こないだまで思っていましたが、今は「毛玉を自分に与えるのはマズイ」という気持ちが強くなっています。

断捨離が加速してきたのかも知れません。また、今後の人生の展開も楽しみにしつつ、処分を許すことにいたします。