晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

部屋の断捨離をはげまし、加速してくれた言葉「人生は体験を買うもの」。

今日もまた、わたしの断捨離のバイブル、カレン・キングストンの本の中から、わたしの断捨離人生に大きな影響を与えた言葉について書きます。

その言葉というのは、「人生は体験を買うもの」というのです。実はこの言葉は、わたしなりの言葉に、脳内変換されてしまっています。ですから、本の通りに、ちょっと引用します。

お金とは、持たないためのもの。使うためのものです。お金を流通させるのは、基本的に体験を買うためです。…(中略)…そして人生を振り返って「神様、私はなんて多くのことを経験出来たのでしょう 」と言うのです。

この文章は、実はカレンの言葉でもありません。カレンが尊敬するという世界中を旅しているらしい人物が、お金について語ったものです。

それをサクッとわたしは「人生は体験を買うもの」と、自分で置換えて、何度も脳内リピートしていたのです。部屋断捨離は、この言葉に後押しされて、どんどん進行していきました。

断捨離の失敗も、人生の体験のうちにすぎない

わたしは、前回の記事で、何度か引っ越しをし、最後にとても気に入った部屋に巡り会え、お気に入りの家具に買い替え、とても運が良くなったたという話を書きました。

その記事はコチラです↓

www.kogasora.com

断捨離が一段落し、自分で「完了したな」と満足できたのは、この部屋が初めてでした。

ある意味、その部屋にたどりつくまでに住んだ部屋とか、捨てたり、買い替えたり、買い足したり、そしてまた捨てたり…というのは、全て失敗した断捨離だったとも言えます。

人がきけば、単なる「お金の無駄遣い」かも知れません。

でも、わたしは、失敗に終わったとしても、その体験は、わたしにとって必要なものだったと思っているんです。

「体験すること」が、大事だったのです。わたしは離婚したり失恋したり、ひとりぼっちが寂しくもありましたが、一方で「せっかく独身でいるのだから、結婚してからではできないことをしよう。再婚は、やりたいことをやり切ってからでもいい。」とも思っていました。

「引っ越し」と「断捨離」は海外旅行よりもエキサイティング

実を言うと、わたしは「部屋に住む」こと自体がとても好きです。「あんな部屋に住んでみたい」とか「部屋をこんな風にしてみたい」というアイデアがいくつかあったのです。

それで、セカンドシングル時代は、思う存分引っ越しをしました。

f:id:kogasora:20190410115840j:plain

離婚直後の「当座しのぎ」で住んでしまった部屋も、「当座しのぎ」と言うにふさわしい、品質の悪さはあったものの、「ロフト付き」というのが気に入って借りたのです。

次に住んだ部屋は、一人では広い、2DKでした。この部屋でも、以前から憧れだったベッドを購入したり、ダイニングテーブルを購入したり、小さな4畳半は作家の書斎みたいにしてみたりしました。

この体験は、「大人のママゴト」みたいなものでした。自分の好き勝手に部屋をつくりあげるのが楽しくて、休日にもなれば、インテリアショップをめぐったりして、時間もお金も「住んでみたい部屋をつくりあげる」ということにつぎ込んでいました。

ところで、今、わたしは、「ロフト付き」の部屋にはもう住みたいとは思いません。この感覚は、失敗だったというよりも「気が済んだ」という感覚です。

わたしにとって、新しい部屋へ引っ越すことは、海外旅行に行くよりもエキサイティングなことでした。

海外旅行を例にとって言えば、「オーストラリアに行ってみたくて旅行に行ったけど、行ってしまったら、気が済んで、もう行きたいとは思わない。」という感じです。

こういう場合、「オーストラリアに行ったことは失敗だった」とは言わないでしょう。むしろ、「オーストラリアに行って来れて良かった」と思うのではないでしょうか。

わたしも同じことで、「ロフト付きの部屋に住むこと」は、「もう、一度住んでみたから、もう住みたいとは思わない」というだけのことで、ただ単に失敗だったというだけではないのです。

「ロフト付きの部屋に住むという体験ができて、楽しかった、良かった」という面もあったのです。それは、一見失敗に見える、あらゆる経験に関して同じことが言えます。

もしそこで下手に欲望を抑えてしまうと、「ロフト付きに部屋に住んでみたかった」という気持ちがいつまでも残っただろうと思います。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

「やってみるまで」「持ってみるまで」「捨ててみるまで」わからない、ということはあるものです。

その後の展開がどうなろうと、何かエキサイティングなものを感じるなら、「人生は体験を買うもの」という言葉に背中を押してもらって、「やってみちゃって」「持ってみちゃって」「捨ててみちゃって」も良いのではないでしょうか。

例え後で失敗だったとわかったとしても、きっと、体験できたことが良かったんだと思うハズです。