晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

服の断捨離とパーソナルカラー診断の効果かしら? 小さな幸せ体験2つ

パーソナルカラー診断を受けて、似合わない色断捨離すると同時に、毎日、似合う色の服だけを着て生活しています。

そのおかげか、小さな幸せ体験を2回も経験しました。今日はその経験について書きますね。

 

幸せ体験1 ランチタイムの「つけめん屋」で、ボックス席に案内してもらえた。

まず1つ目の幸せ体験です。ランチタイムに、たまに近所にある「つけめん屋」に一人で行くことがあります。

ランチタイムの「つけめん屋」に一人で行くとなれば、カウンター席に案内されるという相場が決まっています

先日、またその「つけめん屋」に行きました。6つほどあるカウンター席が2つ埋まっていて、他は空いていました。

ですから、当然、わたしは「空いているカウンター席」に案内されるだろう。」と、思っていたのです。

ところが、「こちらへどうぞ。」と、4人がけのボックス席に案内してくれたのです。このお店で、こんなことは初めてでした。

これ、かなり嬉しかったです♡

幸せ体験2 ランチタイムの「うどん屋」で、テーブル席に案内してもらえた。

それから、これも類似の体験なのですが、何と別の「うどん屋」でも、一人で行ったとき、カウンター席がガラ空きなのにもかかわらず、テーブル席に案内してもらえたのです。

わたしの次に入ってきた単独の人たち数人は、カウンター席に案内されていました。

タイミングの問題だけだったかも知れませんが、テーブル席の方が背もたれもあり、バッグを置くのにも困らないのでラッキーだと感じました。

f:id:kogasora:20190506153045j:plain

自分を自分が扱うように、他人は自分を扱う

断捨離の効果って、いろいろな形でやってきますが、まず感じたのは「自分を自分が扱うように、他人は自分を扱う」ということです。

断捨離をして、自分に良いものを与えたから、他人も良いものを与えてくれたということです。

服装によって周囲との関係は変化する

また、「身なりをととのえる」と、単純に周囲の扱いが良くなるということは、過去に何度も経験していることでもあります。

キタナい、どうでもいい格好をしていると、やはり他人の扱いはそれなりです。

きちんとしたビジネスライクな服装をしていると、出世を引き寄せたりすることもあります。「きちんとしたスーツ」を着ている方が、就職の面接に受かりやすいに違いないです。

婚活では、それなりに着飾った方が、次につながりやすくなります。

上述した2回の幸せ体験をしたときのわたしは、似合う色の服でまとまっていたように思います。何よりも自分の気分がアップしていました

服の断捨離で服の見直しをしたら、毎日、自分の気分がアップする服を着ましょう!

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

服は、外に着て出るという独特な持ち物です。自分の持ち物の中でも、他者に与える影響は最も高いものだと言えます。

何か人生を変えたくて断捨離するなら、服の断捨離は、人間関係の面で、とくに有効だと思います。

今回は「良い席に案内してもらえた」という小さな体験で、「たまたまだ」「信じない」「マユツバだ」と思ってしまえばそれまでですが、小さな変化を見逃さずに「喜んでおく」ということも、断捨離の効果を味わうコツかなあ、なんて思います。