晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【データの断捨離】さくらインターネットのレンタルサーバーを解約方法と注意点。

データ断捨離の一環として、さくらインターネットレンタルサーバー解約しました。月々515円のプランを契約していましたが、サイトも閉鎖し、サーバーも解約することにしました。

ところで、このさくらサーバーですが、解約するときに「一手間」余分にかかることがわかりました。そこで、今日はさくらサーバーの解約の方法と注意点について書きます。

 

注意点:さくらインターネットを解約するのは2段階。

まず最初に、さくらインターネットを解約するのには、2つの段階を踏まなければなりません。これが注意点です。

契約するときは、入会とサーバーの契約を同時にするので、解約のときも1回で済むと思うのが人情だと思うのですが、解約するのには2つのステップを踏まなければなりません。

これを調べるのに一苦労しましたので、記事にしておこうと思います。

以下のような2つの手順で解約します。

1. レンタルサーバーを解約する

2. さくらインターネットを退会する

それでは詳しく説明します。

1. レンタルサーバーを解約する

レンタルサーバーは、会員の有料のサービスの1つです。さくらインターネットを退会するのに、サービスをまず最初に終えていなければ退会することができません。

ですから、まずレンタルサーバーを解約する必要があります。詳しい方法は以下のサイトをご参照ください。↓

サービスの解約 – さくらのサポート情報

この中の目次に「サーバ系サービスの解約方法」というのがありますので、そこを見ながら解約の手続きをします。以下がその部分です。↓

help.sakura.ad.jp

ただ、この時点ですぐにサーバーの利用が終了するわけではありません。わたしの場合、月々払いだったので、月末までは、サーバーの利用が終了しません

言い換えれば、月末まではサーバーの利用ができるということですが、が、「退会」したい場合は、月末が過ぎるまで待ち、サーバーの利用が完全に終わって初めて「退会」することができます

これ、正直、理解に苦しみました。なぜこんな面倒なことになっているのかと思います。この時点で「退会の手続き」までできると良いのですが…。

解約の手続きをした時点では、まだサービスの利用中ということで、「退会」したくともできない状態なのです。

わたしの場合は月々プランだったので、月末まで待てば良いのですが、年払いなどのプランだと事情も変わってくると思います。

2. さくらインターネットを退会する

わたしは7月の半ばころ、さくらレンタルサーバーの解約の手続きを行いました。そして、7月の末日にサーバーの利用が終了しました。

ですから、退会の手続きをしたのは、8月に入ってからでした。

退会の手続きは、以下のページが参考になります。↓

help.sakura.ad.jp

補足

サーバーを解約した時点では、会員の退会まではできません。ただ、この状態だと、サーバー代などのお金はかからずに会員のままで居られるそうです。

ですから、「しばらくサーバーを休んで、また復活したい」という人にとっては、この2段階の方式は便利なのかも知れません。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

もう使っていない放置してあるだけのデータのガラクタは、目に見えませんが、やはりネガティブなエネルギーを発散するもので、「ずっとそのことが気になる」という状態になります。

これは、とても疲れることです。データも、ガラクタだと思うなら、断捨離してしまいましょう。

ただ、わたしにとって不要になっただけで、さくらサーバーが悪いと言っているわけではありません。念のため。