晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ipadを捨てる方法:手放す前の準備。

ipadを捨てる方法について書きます。捨てるといっても、売るつもりです。

まずは手放す前に、色々と準備があったので、それについて書きます。

捨てるものによっては、本当にとても手間がかかりますが、もし使わないなら、お金の節約にもなりますので、手間がかかっても処分をおすすめします。

私の場合、ipadの解約で、月々3500円程度の節約になりました。

 

ipadを手放すことにした理由。

まず、ipadを手放すことにした理由を書きます。

そもそもipadを購入したきっかけは、初めてスマホ(iphone)を購入した時、セット購入すると安かったからです。

そして、ブログの見え方などもチェックしたいと思ったのです。でも、実際には殆ど使わず、充電もしないまま放置することになりました。

もったいなかったので、アマゾンのKindleの電子書籍を読むために使っていたことが短期間ありました。

でも、自宅で読むならノートパソコンの方が大きくて見やすかったですし、iphoneでも十分読めました。

ipadを持っていること自体、私にはハイスペックだったのです。ここに3500円も毎月払うのはもったいないというわけです。

ただ面倒で放置していたにすぎません。

ずっと気になっていましたが、ここへきて、ついに手放す決心がつきました。

それでは、手放す前の準備について書きます。

ipadを捨てる前の準備。

ipadを捨てる前の準備は、以下の通りです。

  1. データのバックアップや他端末との連携解除など
  2. 解約する
  3. 初期化する
  4. SIMカードを抜く

それでは説明します。

1. データのバックアップや他端末との連携解除など

まずは大事なデータが入っているならバックアップをとります。

私はチェックしてみたところ、たいしたものは入っていませんでした。元々そんなに使っていなかったからこそ解約しようと思ったわけですから。

ただ、iphoneやノートパソコンなどと、連携の設定をしていたので、それを解除しました。

iphoneやノートパソコンからも、存在を削除しました。

2. 解約する

そして次は、docomoで申し込んでいたプランを変更しました。

私はdocomoで、iphoneとセットになっていたプランを申し込んでいました。

まず、このプランの変更をします。docomoの店舗に行ってやってもらっても良いかと思いますが、私は、web上でプランを変更することで解約できたようです。

心配だったので、本当に解約できているのかどうか、docomoショップに電話して確認しましたがその必要はなかったようです。

3. 初期化する

それから、初期化です。

これは、ipad本体の設定から、工場出荷の状態に戻すというものです。以下は初期化した状態です。↓

f:id:kogasora:20200810074436p:plain

方法は、例えば以下のサイトなどは参考になります。↓

iPhone、iPad、iPod touch を消去する (初期化する) 方法

「iPad 初期化」などと検索すると、他にももっと親切に説明しているサイトが出てくるので、わかりやすいのを見つけてやってみてください。

これで個人情報なども全て消え、手放す準備ができました。 

 

4. SIMカードを抜く

最後に、SIMカードというのを抜いて破壊しました。

というか、docomoショップに持って行って抜いてもらい、目の前で潰してもらいました。

私は実は解約という仕組みがよくわかってなくて、完全に解約するにはdocomoショップでSIMカードを潰してもらわなくては…と、勝手に思い込んでいたのです。

「お客様ご自身で抜くことができますよ。」と、電話で説明してもらったのですが、よくわからなくて、「どうしても自分でできないのでお願いします」と言って、docomoショップに出向き、その場で抜いてもらいました。

docomoショップの店員さんの作業を見ていたら、確かにこれなら自分でできると思いました。

ipad(iphoneも同様)の側面に、小さな穴がついたSIMカード用の引出しがついているので、それを見つけて穴にピンを刺すとケースが出てきます。

百聞は一見にしかず

もし今後SIMカードを抜く必要が出てきたら、今度は自分でやろうと思います。

余談ですが「百聞は一見にしかず」とはこのことで、何度聞いてもわからなくても、一度見てしまうとわかるものです。

わからないことは、詳しい人に目の前でやってもらい、それを見ている、というのは物事を覚える簡単な方法の1つだと実感しました。

今、コロナの影響で、docomoショップもなかなか来店予約は取りにくくなっていることもあり、可能な限り来店しないように勧められます。

SIMカードを抜くくらい…的な雰囲気でウザがられた感じもしましたが、食い下がって来店予約をとり、無理矢理お願いしたのですが良かったと思っています。

SIMカードを抜く必要があるのかどうかも実は不明ですが、初期化してもデータが残ってしまうのではないかと心配で、私は念のため、SIMカードは抜いて破壊しました。

手放す準備がととのう

もう私のipadにSIMカードは入っていません。

これで手放す準備は整いました。

ちなみに、SIMカードは新しくカードだけ購入することができますので、またSIMカードを入れ直せばipad自体はまだ使えます。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、ipadを捨てる方法として、まずは捨てる前の準備について書きました。

捨てるまでの準備、なかなか長い道のりでした。

このipadは、実はまだ手元にあります。このようなものは、買取専門店や中古ショップに持っていくと、買い取ってくれますので、そうするつもりでいます。

まあとりあえず、解約して月々の通信費が節約でき、無用なデータを消去できたので、気持ちはスッキリしました。