晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

服を捨てるのがもったいない:一年間寝かせてみた結果。

捨てるのがもったいと思って、捨てる決断ができないときは、無理して捨てるのではなく、一年間寝かせてみるのはおすすめです。

昨年の夏の終わりに捨てるかどうか迷ったスカートがありました。

迷いつつも残し、今年の夏が経過しました。

結局、一年間一度も着ませんでした。それで踏ん切りがつきました。

それでは、捨てたスカートについて書きます。

 

捨てた一年前寝かせた服:夏物のスカート。

以下が一年間寝かせて、今回捨てる決断をした服、夏物のスカートです。↓

f:id:kogasora:20200925091822j:plain

2年か3年前(どちらか良く覚えていません)に、スーパーのセール品で買った服です。

インド綿のスカートで、裏地も綿でできていたので、真夏に素足で気持ちよく履けました。

ちなみに、このスカートを捨てたことで、手持ちの服は80着から79着に減りました。以下は私が服を管理するために更新している記事です。↓

ミニマリストの服のリスト:女性、全服を公開(写真付き)!(非黒服系50代です)

買った当初はよく履いていました。

でも、昨年、いくつか夏のボトムスを購入した後、出番がなくなってきました。

出番が減った理由2つ。

服の出番がなくなった理由は2つあります。

  1. 新しい服を買ったこと
  2. 小さな違和感を感じたこと

最近の自分を観察していると、服の出番がなくなるパターンの王道が見えてきました。ちょっと説明します。

1. 新しい服を買ったこと

新しい服を買う=服を増やすと、古い服の出番がなくなるのです。こうなる原因は、「服がまだ多いから」だと思っています。

必要な枚数なら、全てローテーションするハズなのです。でも、ローテーションから外れるのは、数が多いからなんです。

2. 小さな違和感を感じたこと

小さな違和感を感じたのも出番がなくなる原因の1つです。

このスカートの場合は、「小さな流行遅れ」を感じたんです。

昨年くらいから、スカートの丈は長いマキシ丈が主流になっていました。

マキシ丈のスカートと履き比べると、その違和感を強く感じました。

 

もったいなくて一年寝かせました

昨年の夏の終わりにも、捨て候補に上がっていて、一度リサイクルショップに持って行きました。

でも値段がつかず、持って帰ってきました。

リサイクルショップから帰ってきた後のモノの行方は二通り。

捨てるか、とっておくか。

とっておいたわけです。

寝かせると言っても、私の場合、ちょっと気にしながら普通にクローゼットにかけておきました。

 

一年間、一度も着用しなかったことで踏ん切りがついた

一年間一度も着用しなかったことで、踏ん切りがつきました。

値段がつかないこともわかっていましたので、雑巾にして捨てました。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

服を捨てるのがもったいない時は、一定の期間、寝かせておくのはおすすめです。

気長に待れば、一年というのは、全てのシーズンを通過するので、「もう要らないのだ」ということが実感できるので良い期間だと思います。

ゆっくり減らしたい人には特におすすめです。