晴れやかブログ

ミニマリストになるというよりは、エネルギーの活性化の為に捨て活をしています。

季節の変わり目に捨てた、夏の靴下の捨て理由。

季節変わり目に、夏の靴下を少しずつ捨てています。秋は夏物の衣類を断捨離するのにふさわしい時期です。

捨てた靴下と捨てた理由について書きます。

 

捨てた靴下。

捨てたのは、以下の4足です。↓

f:id:kogasora:20201022070403j:plain
f:id:kogasora:20201022070423j:plain
f:id:kogasora:20201022070418j:plain
f:id:kogasora:20201022070415j:plain
f:id:kogasora:20201022070410j:plain
f:id:kogasora:20201022070407j:plain

1日1捨ての一環として捨てています。

捨てる時に写真を撮ります。

写真に撮った後、掃除に使って捨てます。多くはキッチンと洗面所の床です。

それで、一足まとめてではなく、片方だけ捨てた日もあるわけです。

夏の靴下の捨て理由。

それでは、捨てた理由を書きます。

1. デザインが気に入らない。

2. 劣化

3. 用途に合わなかった

それでは詳しく書きますね。

 

1. デザインが気に入らない靴下。

デザインが気に入らない靴下は3つあります。まず1つ目は以下の靴下です。↓

f:id:kogasora:20201022070403j:plain

気に入らないのは形です。足を覆う面積が狭いのです。好きなのは以下のような形なんです。↓

f:id:kogasora:20201022070423j:plain

ショートソックスと言っての形は様々。好き嫌いがあります。

とはいうものの、形は嫌いですが、2年にわたって履きました。↓

f:id:kogasora:20201022070403j:plain

色が好きだったんですね。コーラルピンクという、パーソナルカラースプリングである私にはとても重宝な色です。

デザインの欠点を補って余りあるほど色が好きだったのです。

そして、この靴下は、多少高かったせいか、劣化もしにくかったのです。

ツーシーズン履いたので、そろそろ良いかなあと思いました。

それから、デザインが気に入らないと言えば、以下の2足もあります。↓

f:id:kogasora:20201022070415j:plain
f:id:kogasora:20201022070410j:plain
f:id:kogasora:20201022070407j:plain

これはパンプス用の靴下です。詳しくは「用途に合わなかった」で後述しますが、見た目からして好きではありません。

結局どちらも、1回か2回履いただけで終わりました。

2. 劣化した靴下。

靴下の劣化には以下のようなものがあります。

・毛玉

・色素沈着(汚れ):丁寧に洗濯すれば汚れは落ちることもありますが…

・穴

・擦り切れて薄くなる

・ゴムが伸びてしまう

以下の靴下は、毛玉、色素沈着(汚れ)、擦り切れて薄くなる、という劣化があります。↓

f:id:kogasora:20201022070403j:plain

デザインが気に入らなかったというところへ、3種類の劣化が重なりました。

それから以下の靴下です。↓

f:id:kogasora:20201022070423j:plain
f:id:kogasora:20201022070418j:plain

この靴下も昨年から2シーズンに渡って履き、昨年は丁寧に洗ってしまっておいたので、見た目も割と綺麗でした。

捨てる理由は、ゴムが伸びてきて足にフィットしなくなったからです。そして、靴を履いて出かけると、靴の中でどんどん脱げます。

ですから、昨年はかなり良く履きましたが、今年はそれほどでもありませんでした。ポリウレタンの経年劣化ということもあるのかも。

靴下は穴が開くまで履くのが本望だと思っていましたが、「履けなくなる」という面で、「ゴムが伸びてしまう」というのも重大な劣化なのだと最近気付きました。

3. 用途に合わなかった

最後に、用途に合わないという理由です。捨てたのは以下の2足。↓

f:id:kogasora:20201022070415j:plain
f:id:kogasora:20201022070410j:plain
f:id:kogasora:20201022070407j:plain

「脱げない」パンプス用の靴下として売られていましたが脱げました。

このような靴下は、日中、長時間、勤め先などで過ごすライフスタイルじゃないと、必要性はないのかも知れません。

ストッキングを履くのが面倒というのと、ストッキングよりも素足の方がカッコイイと思って買ったのです。

とある初夏の日、パンプス的な靴を素足に履いて出かけましたが、しばらくすると靴ずれになり、やむを得ず、出先で購入し、そのうちの一つはトイレで履きました。

靴ズレは保護され、その時は良いと思いましたが、やはり人の家に行って脱いだ時などは脱げますし、家の中でこれを履いているのは何だか奇妙でした。

そして、私は、パンプス的な靴でも、普通の靴下を履くようになりました。

ちょっとカッコ悪いとは思いますが、その方がずっと快適なのでそうしたのです。

そして、フルレングスのパンツスタイルなら、別にカッコ悪いということもないとわかりました。

また、素足に履いて靴ずれができる靴というのは、そもそも足に合ってないのかも知れないとも思います。靴を断捨離した方が良いのかも?

素足に履いても靴ずれができない靴はできないからです。

今後「通勤」ということでもない限り、パンプス用の靴下は買わないようにしようと思います。

主婦兼在宅勤務という、私の今のライフスタイルには全然いらないものだったのです。

失敗した買い物とも言えますが、買って試してみるまではわからないこともあるので、勉強になったということで処分し、今後に生かしたいと思います。

 

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ

おわりに

季節の変わり目に捨てた、夏の靴下と、その捨て理由について書きました。

夏の靴下はまだもう少し残っています。それらもまた少しずつ捨てて行くつもりです。