晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

自分に合わないものはとっとと捨てる:他3つの捨て理由(捨て活)。

捨て活の記事です。捨てた理由を書きつつ、捨てたものをご紹介します。捨てた理由は以下の3つです。

 

  1. 自分に合わないもの
  2. 劣化したもの
  3. 多すぎるもの

 

それでは詳しく書きますね。

 

1. 自分に合わないもの

まずは、自分に合わないものです。↓

f:id:kogasora:20200804082818j:plain

これが何かと言いますと、カップ付きのキャミソールです。

カップ付きのキャミソール自体が、私のライフスタイルに合わないのは以前からわかっていました。

私は、下着は基本的に、日中はブラとキャミソールを身につけ、夜寝る時はノーブラでキャミソールなんです。

日中これを着てしまうと、夜寝るとき外すのに苦労しますし、面倒なのでそのまま寝ることがありますが、そんな夜は寝苦しい…。

これを随分前から分かっていたのに、昨年、カラー診断で色が合うからという理由で買ってしまいました。

確かに、色や形のことだけ考えれば、気持ちはアップしました。

でも、やはりライフスタイルに合わないということで、あまり出番はなかったのです。

ブラを洗濯してなかったときのピンチヒッターでしたが、これを着るのが嫌で、頑張って洗濯したくらいです。

とっとと捨てるべきだったと思います。

1年持っていてようやく捨てを実行しましたが、もっとずっと前から…いや、買った直後から、本当はずーーーーーっと、気になっていたんです。

まだ新しい、キレイ、似合う色とデザイン…などなど

自分軸ではなく「もの軸」になっていた良い例です。

私が20代とか、もっと若くて、真夏にこれ一枚で過ごせるシーンがあれば良かったかも。

真夏のレジャーとかかな?

1年間もっていたのは、何かそんな若かりし頃のイメージに未練があったのかも知れません。

カワイイですが、今の50代の私のライフスタイルには、登場するシーンはなく、下着としても快適ではなかったのです。

 

2. 劣化したもの。

次は劣化して使い物にならなくなったものを2つご紹介します。↓

f:id:kogasora:20200804082806j:plain
f:id:kogasora:20200804082801j:plain

左はレッグウォーマーです。私の夜寝るときの必需品です。パジャマのズボンの裾がはだけて脚が冷えるから使っています。

日中もたまに脚が冷えてくると使うことがあります。

余談ですが、足が冷えるからといって、寝るときに靴下を履くのは良くないらしいです。足の裏は、呼吸でもないけど、何か出ていくので、素足の方が良いとのこと。

実際、寝るときの靴下は不快でした。レッグウォーマーにしてから快適になりました。

まあそんなレッグウォーマーの1つがゴムがのびのびにノビてズリ落ちるので、使えなくなったので捨てるということです。

右は、不織布の使い捨てマスクです。夫がどこからか取り出してきたもので、未使用新品なのですが、マスクのゴムの部分が経年劣化でくずれてしまって使えません。

「1回くらい何とか使えないか?」と思ってとっておきましたが、どうせ使ったとしても1回だけです。

「未使用新品」に弱すぎな私! もう、とっとと捨てれば良かったのに!

3. 多すぎるもの

3つ目、今日の最後の捨て理由、「多すぎるもの」です。↓

f:id:kogasora:20200804082810j:plain
f:id:kogasora:20200804082814j:plain

両方とも、100円ショップで購入したアームカバーです。真夏の日よけに昨年から活躍していました。

多少劣化はしていますが、まだ使えるレベルです。

でも、昨年同時期に買った新品未使用のアームカバーがもう一つあるのです。

アームカバーは3つもあったというわけです。

ライフスタイル的に、真夏の日よけ用のアームカバーは1つで良いと思い、より劣化したもの2つを捨て、新品未使用のものを使うことにしました。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は最近の私の捨て活と、それに伴う理由を3つ書きました。

実を言うと、捨て活は「何となく要らない」だけで十分だと今は思っています。

書いた理由は「後づけ」です。

でも、「何となく要らない」の「何となく」というところを言語化すると、やはり納得して捨てることが出来ます。

「捨て基準を決めて捨てる」のではなく、「要らないから捨てる」です。

基準が先ではなく、捨てたい気持ちが先です。

ですが、心(本心とか本音)はすでに要らないものを知っているのですが、捨てたくないエゴが邪魔するのです。

もったいないとか、まだ使えるとか。

この「捨てたくないエゴ」を納得させるために、理由を考えてあげると、エゴも納得してくれてスンナリ捨てられるような気がします。