晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ニトリのおすすめボディブラシ。天然毛とプラスチックの柄が、お風呂に嬉しい!

今日は、ニトリのおすすめボディブラシについて書きます。

ボディブラシは用途によっても、ふさわしいものは変わってくるかと思います。乾布摩擦をするために使う人もいますね。

わたしの場合は、お風呂で体を洗うために使っています。この用途で「最適だなあ」と思うボディブラシです。

おすすめというよりは、個人的な趣味趣向の話かも知れません。

また、ニトリでなくても良いのですが、ここ数年は入手しやすいということもあって、結果的にニトリのものを愛用しています。

 

ニトリのおすすめボディブラシ。

以下が、わたしがおすすめするニトリのボディブラシです。↓

f:id:kogasora:20200317080635j:plain

わたしは店舗で買いましたが、ニトリの通販サイトでも買えます。税別462円と、お値段も手頃です。

ボディブラシ(HFB044)通販 | ニトリネット【公式】 家具・インテリア通販

毛の硬さは「中くらい」だと思います。柔らかすぎず、硬すぎないというところです。

わたしは、ボディブラシは、お風呂で濡らして、石鹸やボディソープをつけて背中を洗うのに使っています。

この用途でのわたしのこだわりは、まずは「天然毛」だということです。上記のボディブラシは「豚毛」です。

ニトリもそうですが、ボディブラシというと、ナイロン製のものもあります。

実はナイロンは使い続けると肌が黒ずんでくるという噂があり、20代の頃からナイロンだけは避けていました。

この噂は、実のところどうなのかはわかりませんが、わたしはこの噂を信じて過ごしていました。

ですから、いまだにナイロンは避けているのです。

それから、次のわたしのこだわりは、カビになりにくいということです。上記のボディブラシは、柄の部分はプラスチックでできています。

天然毛のブラシというと、多くは柄の部分も木でできていたりします。

乾布摩擦として使うならばそれで良いかも知れませんが、お風呂で使い、そのままお風呂に吊るして置くと、木製の柄はカビになったりします。

ですから、濡らして使う場合は、柄の部分はプラスチックだと清潔なんです。

プラスチックの柄にこだわると、毛がナイロン製だったりすることも多いです。

その点、上記のニトリのボディブラシは、「毛は天然」「柄の部分はプラスチック」という、両方の必要性を満たしてくれています。

ニトリの店舗に行くと、

「ナイロン毛+プラスチックの柄」

「天然毛+木製の柄」

「天然毛+プラスチックの柄」

と、いろいろなタイプのボデイブラシが揃っています。色々なお好みに対応しているなあと感じます。わたしの好みはもちろん、

「天然毛+プラスチックの柄」です。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、ニトリのおすすめボディブラシについて書きましたが、あくまでもこれはわたし個人の趣味趣向です。

また、「天然毛+プラスチックの柄」というパターンは、ニトリでなくても他でもみつかることでしょう。

でも、探しても見つからない時、ニトリに行けば買えるのだというのはありがたいですね。しかも、お値段が500円程度なのも嬉しいですね。