晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

あると便利なもので、一度捨てたけど最近買い直したもの2つ。(2020年3月)

あると便利なもので、一度捨てたけど最近買い直したもの2つについて書きます。

この2つは無くても特に困るというほどのものではありません。無ければ無いで、何とかなってしまいます。

わりと個人的なものなので、みなさんの参考になるかどうかは疑問ですが、書いて見ますね。

 

1. カチューシャ

f:id:kogasora:20200317080639j:plain

これは100円ショップのカチューシャです。

わたしは、顔を洗う時に、前髪や後れ毛が落ちてこないように、カチューシャを使います。

髪を留めるくらい、カチューシャでなくても何とでもなります。ヘアクリップやピン留、ヘアバンドとか、タオルをかぶるという手もあります。

でも、使い勝手ということを考えると、自分にとってはカチューシャが一番です。

昨年、試しに断捨離してみました。数ヶ月間はナシで過ごしていました。

洗面所の引き出しの中もカチューシャが無い分スッキリしましたし、良い面もあったのですが、やっぱり書い直してみると「便利だなあ。」と思いました。

2. ボディブラシ

f:id:kogasora:20200317080635j:plain

これはニトリで買ったボディブラシです。

わたしは体は、手で、殆どお湯で洗い、たまに石鹸やボディソープで洗うというスタイルです。

ですから、ボディブラシは毎日使いません。たまに背中を洗うために使うだけなので、使用頻度は1〜2週刊に一度くらいです。

石鹸やボディソープをつけて使います。

手でお湯だけで洗っていると、背中が痒くなる時があります。背中に垢がたまりやすようです。

ボディブラシも一度断捨離してみました。ボディブラシ無しで数ヶ月過ごしました。その間の代用品は、指の腹や爪です。

爪を立てて軽くこすると、消しゴムのカスみたいに垢が出ます(汚くてスミマセン)。そんな感じでボディブラシの代用をしていました。

でも、爪は赤く掻いた後ができますし(スグに消えますが)、皮膚全体をムラなく掻くのは難しいものです。

それで「ボディブラシが欲しいなあ」と思いつつ過ごしていました。

先日ニトリに買い物に行くチャンスが訪れました。そのついでに久しぶりに購入しました。

爪で垢を落としていたことを考えると「やっぱり便利だなあ」と思います。

それに柄の部分が長いので、手では届きにくいところもちゃんと届きますね。「ボディブラシ、ありがたいなあ。」って感じました。

 

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、あると便利なもので、一度捨てたけど最近買い直したもの2つについて書きました。

カチューシャは時々折れてしまい、ボディブラシも毛が折れて潰れて使い物にならなくなる消耗品です。

でも、カチューシャにしてもボディブラシにしても、あると便利だけど無くても困るというほどのものではありません。

ですから、余分な在庫は持たないようにしています。

ダメになったら捨てて、多少「無い時期を過ごしても良い」という程度のものですが、ついでがあったら買おうという感じで付き合ったいきたいと思っています。

実はこの手の、「あると良いなあ」と思いながら過ごしているものは他にもあります。また別の記事で書きたいと思います。