晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

収納ケース捨てたら、中身も捨てたくなってきました:モノが減る理由。

モノを減らすのには収納を減らせ! というの、最近気になり取組中です。

先日、ついに予約していた粗大ゴミの日がやってきて、クローゼットの中の収納ケースを2つ捨てることができました。

それで、捨ててみて、「モノが減る理由」がわかったような気がしたので書きますね。

 

捨てた収納ケース。

まずは捨てた収納ケース、以下の2つです。↓

f:id:kogasora:20200827230455j:plain

一カ月以上も前に自治体の粗大ゴミ回収に申し込んでいました。2個で300円。

コロナ断捨離の影響か最近ゴミが増えているそうで、回収を申し込んでも一カ月も先になってしまったというわけです。

ちなみに以下は捨てたビフォーアフターです。↓

f:id:kogasora:20200827230449j:plain
f:id:kogasora:20200827230501j:plain

5つあったのを2つ捨ててまずは3つにしました。

あまり無理しないように…と思ってまずは2つ捨てたのです。

中身を捨ててスタンバイ…と思っていましたが。

2つの収納ケースの粗大ゴミ回収を申し込んだ先月、「回収までに中身を全部処分しよう!」と張り切っていましたが、結局やらずじまい。

忙しかったり、面倒だったり、まあ私は面倒くさがりやなのでそんなものです。

夏休みの宿題は最後の日にまとめてやるタイプなんです。

それで、回収の当日、ただバタバタと中身を取り出して、入りそうなものは別の引出しへ入れて、残ったものは出しっ放しにしました。

以下の写真の右側のケースの上が、入り切らなかった残り物、ほとんどウエス予定の衣類と布類です。↓

f:id:kogasora:20200827230501j:plain

これを見て、「せっかくスッキリしていたのに、収納ケースを捨てたことで、かえってゴチャゴチャしてしまった!」と思いました。

でも、このゴチャゴチャが、かえって良かったということがだんだんわかってきました。

 

ゴチャゴチャしていると捨てたくなる→モノが減る理由

クローゼットに入るたびに、このゴチャゴチャが気になるので、「何か雑巾が欲しい」と思うとすぐに使うことになります。

要らないものは収納せずに放置しておけば、何とかしようとして少しずつ捨てるのです。

「ゴチャゴチャしていると捨てたくなる」ということが、収納ケースを捨てるとモノが減る理由だとわかりました。

 

収納ケースを捨てるのが先 !

きちんとした人は、中身をカラにしてから捨てることができるかも知れませんが、私の場合、そういうタイプじゃなさそうです。

収納ケースがあったから、何となくモノを入れていた感じです。

それであと3つ、まだ衣類が入っていますが、先に粗大ゴミ回収の予約を入れることにします。

入れものがないとなれば、捨てても困らないものは捨てるに違いないからです。

おまけ:収納ケースのおすすめな捨て方

収納ケースのおすすめな捨て方は、個人的にはやはり自治体の粗大ゴミ回収です。

プラケースなので、カットすれば無料でプラスチックゴミとしても捨てられます。

でも、この硬いケースをカットする労力と時間を考えれば、2個で300円なんてタダみたいなものです。

夫ならば捨てるとなると、多分カットしたでしょう。

でも、収納ケースを捨てると言うと、恐らく夫は「使う」と言い出すはずです。

収納ケースは私の私物なんですが、私のものだというのに何故か喧嘩になるんです。

だから今回はだまってこっそり捨てました。

夫が会社に出かけた後、中身を取り出し、回収するところへ持って行きました。

-------

ランキングに参加しています。

下のバナーどれかをクリックして応援して頂けると嬉しいです↓

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ

おわりに

収納ケース、2つ捨てても、たいしてスッキリしません。というよりも、何か特別に変わった感じがしませんでした。

もともと、既にどうでも良いものだったんだと思います。