晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

捨てないで済む生活には、持たない生活が必須。その実現には「買わない」のがコツ。

最近、色々と捨てていて思います。そして思うのは「捨てるのはやはり無駄」だということです。

いやになりますね。もったいないって、思わないようにしても、だって、もったいないですもん。物を大切にもしてない。

「捨てたくないなあ」と思います。それで、結局、持っていなければ、捨てる必要もなくなるわけなので、「持たない生活」は良い選択だと思うんですよね。少なくともわたしにとっては。

そして、「持たない生活」を実現しようと思ったら、「買わない」ということをしていかないと、いつまでも「買っては捨てる」の負のループにハマりっぱなしだとういうことに気づきました。

それで、買わないためにはどうしたら良いかということを考えてみました。

 

わたしのお買い物危険ゾーン。

最近、自分のやることを観察していて、「いつどこで余計なものが欲しくなるのか」ということがわかってきました。

1. スーパーの衣料品コーナーと100円ショップ

2. ネットを見ているときの広告

3. 本屋

一番買い物したくなるのは、洋服や下着、日用雑貨と本などです。これ、自分自身を見張ってないと、「つい」買ってしまうんです。

1. スーパーの衣料品コーナーと100円ショップには近づかない

スーパーの衣料品コーナーと100円ショップは、一番よく行くスーパーの最上階にあり、食料品を買うついでに「ちょっと行ってみようかなあ」と、行ってしまいます。

f:id:kogasora:20191012074611j:plain

それで、何かなければ良いのですが、何かあると欲しくなるという仕組みです。ウィンドウショッピングが趣味みたいになっているのかも。

ですから、ここは「わざわざ行かない」「買う予定もないのに行かない」という手段をとってみようと思っています。

2. ネットを見ているときの広告

ネットを見ているときの広告は悩ましいものです。ちょっと何か気になるものをネットで検索すると、もうその直後には、関連の広告が表示されていてとても魅力的です。

こないだエプロンが欲しいと思って調べましたが、エプロンの広告がいつも出てきてくれるようになりました。

これは、「広告とは調べると出てくるものだ」「そういう仕組み」ということを知らないとダメですね。

これを自覚して、「必要もないのに、ただ欲しいだけでクリックしない」ということにしなければなりません。

3. 本屋

近所の本屋に寄って、本を買って、カフェで読むというのは、わたしの息抜きのパターンの1つです。

本はリサイクル率が高いので、捨てないで済むことが多いです。だからまあ良いかなとは思っています。

でも、古本屋に売る手間や、本棚の限られたスペースのことを考えると、やはりできるだけ電子書籍にしたり、図書館で借りるなどしたいと思います。

また、あまり良くないのは、「カフェで本を読みたい」だけのために、読みたい本がないのに、無理に何か探して買ってしまうことです。

そして、そういう本は、だいたい、サッと目を通して「あまり面白くなかった」と、ロクに読みもしないで終わります。

読みたい本がないのに買うというのはやめようと決めます(実際、欲しくもないのに買うって、どうかしていると思いません? 我ながら実に奇妙なクセです)。

そういうときは、本はあきらめて、カフェでお茶してボンヤリするだけにします。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

断捨離を続けると、「捨てることに慣れる」一方、「捨てたくないなあ」という気持ちがつのります。

「だから捨てない」のではなく、将来的に、「捨てることを根本的に減らせるようにするために」、持たないようにし、そのために買わないようにしていくことが必要なのだと、改めて実感したのです。