晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

「迷ったら買わない」のが、ものを増やさないコツ。

迷ったら買わないのが、無駄な買い物を防ぐコツです。迷うということは、半分は欲しくない証拠。ぜひ勇気を持って踏みとどまりましょう。

そして、無駄な買い物をしないことこそ、ものを増やさないコツですね。

今日は、迷ったものを買わなくて良かったという話を書きます。

 

買うのに迷った2つのものの行方(ゆくえ)。

2ヵ月半前、8月1日に、以下のような記事を書きました。↓

持たない生活のために、わたしが今、買うのをガマンしているものと、ガマンする理由4つ。

このときわたしは、2つのものを買うのに迷ってガマンしました。それで、ガマンして良かったと今は思っています。

そのとき欲しいと思っていたのは、以下のシルクの7分丈のスパッツと、MAWAハンガーというハンガーでした。↓

f:id:kogasora:20190731090759j:plain
f:id:kogasora:20190731155302j:plain
右はニトリのハンガーでMAWAハンガーの類似品です。

シルクの7分丈のスパッツは、同じものを洗い替えにもう1本、MAWAハンガーは、特にゴールドのものが欲しいと思ったのです。

買わなくて良かった理由1: 欲しい物が変わったから

まず、シルクの7分丈のスパッツについて言えば、7月はまだしも、8月の暑さの真っ盛りに突入して、スパッツを履いてスカートやパンツを履いているどころではなくなりました。

薄っぺらな短いパンツがワードローブの主役になりました。

7分丈のスパッツをスカートなどの下に履く日もたまにありましたが、わたしは服をまだたくさん持っているので、何も毎日同じ格好しなくても良いので、他の服で間に合うことがわかりました。

「もし買うなら、秋になってから、10分丈のを買った方が良いだろう。」と思いました。

それで、最近、同じものの10分丈を1本買いました。

でも、7分丈のスパッツは、今のものがダメになるか、来年の夏になってからで良いと、気持ちが変化したのです。

買わなくて良かった理由2: あまり欲しくなくなったから

また、MAWAハンガーについては、今はもうあまり欲しいと思っていません。というのは、ハンガーは、服によって合う合わないがあることも感じているからです。

また、もっと良いハンガーがウチの中から見つかったということもあります。夫がクローゼットを整理したところ、洋服屋さんでもらったというハンガーが出てきたのです。

黒いプラスチックのハンガーで、肩の部分にスポンジが被せてあるものです。これが滑り落ちることを防ぎ、形も良いので気に入ったのです。

また、わたしはまだ服の数がそれほど安定していません。ハンガーは服を考えた後でも遅くないと思ったのです。

それから、一方、使いづらいハンガーは処分しました。それでハンガーが足りなくなったところ、洗濯を干す用のハンガーを使っているのですが、この洗濯用のハンガーがなかなか良いのです。

この洗濯用のハンガーは、夫が20代で一人暮らしを始めたときに買ったとか言う年代もので、今は売ってなさそうな、昭和な感じのデザインのものです。

でも、ハンガーのパイプが太くて肩の形がくずれにくくてなかなか良いのです。

洋服屋さんからもらったハンガーと年代ものの洗濯用ハンガーは、色やデザインの見た目はどうかと思いますが、ニトリのMAWAハンガーの類似品よりも使いやすいのです。

それでMAWAハンガーが、あまり欲しくなくなりました。

欲しい物は常に変化する

こんな風に、「欲しい」と思ったものは、常に変化します。心は常に変化する性質を持っているので、欲しいものが変化するのは、当たり前のことです。

迷うということは、近々「あまり欲しくなくなる」ということに気づいていた、無意識からのサインかも知れません。

または、すでに「欲しい」から「欲しくない」という心の変化の途上にいたということでもあります。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

ですから、ちょっとでも「欲しい」と思ったら買うのではなく、ちょっとでも「迷ったら」買わない方が、ものを増やさないためには良いのです。