晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

在宅勤務なら机や椅子を買ったり、居場所づくりがおすすめ。

在宅勤務ならや椅子を買ったり、居場所づくりがおすすめであるという記事を書きます。

コロナで在宅勤務も働き方のスタンダードになりつつある昨今、もともと在宅勤務だったわたしはむしろ嬉しく思っています。

でも、在宅勤務で「ストレス」っていう人もたくさんいますよね?

先日テレビで在宅勤務ストレスを見ていて気づいたのですが、「ああコレがないから」ストレスになっているんだって気づきました。

さて「コレ」って一体なんでしょうか? 答えは、もうとっくにタイトルに書いちゃっていますが…。

 

在宅勤務ストレスは「コレ」がないから。 

在宅勤務がストレスになるのは「コレ」がないから、ですが、「コレ」というのは「居場所」です。

テレビで見たのは、「夫はリビングで、妻は寝室で〜」みたいな共働きのオタクのストレス問題でした。

でも、これを見て、「そりゃあストレスになるわあ」って思ったんです。

在宅勤務を快適にしたいなら、「家で仕事をするのだ」と自覚して、相応に「仕事スペース」を作らなくては、ストレスになるのって当然だと思うのです。

ちなみに以下は、現在のわたしの仕事スペースです。↓

f:id:kogasora:20200504121958j:plain

わが家は夫とわたしの寝室は別なので、わたしは今は自分の寝室の一角を仕事スペースとして在宅仕事しています。

以下の写真の手前はベッドです。そんなに広い部屋は必要ありません。↓

f:id:kogasora:20200504122042j:plain

一人暮らしのワンルームみたいなものです。

でも、デスクに向かえばやっぱり集中できます。

寝室で仕事をしてストレスになるのは、ベッドで仕事するからかも知れません。ちゃんとしたスペースを確保すれば、寝室だからってストレスにはならないのです。

居場所づくりにはまず断捨離。

居場所づくりにはまず断捨離はおすすめです。

そもそも、断捨離って、自分の居場所づくりみたいなものです。特に部屋が汚い人にとっては。

不用品を捨てたり片付けたりして、デスクスペースを確保しましょう。リビングやキッチンの何処かなどで良いと思います。

スペースを空けたらデスクや椅子などを設置します。買う必要も出てくるかも知れませんね。

リビングだってテーブルがキレイなら。

でも、リビングのテーブルだってキレイになっていれば仕事できます。

わたしは、ノートパソコンはたまにリビングのこたつで使ったりします。気分転換ですが。

わが家はリビングのテーブルは基本何も置いていません。夫がテレビのリモコンを置くことがありますが、わたしは邪魔ならすぐに片付けます。

居場所づくりは在宅勤務の基本。

もちろん、居場所を作っただけでストレスの全てが無くなるわけではありません。ストレス解消には、以下の記事も参考になります。↓

在宅勤務を快適にする3つの工夫。キーワードは気分転換。 - 晴れやかブログ

ですが、居場所づくり無くして快適な在宅勤務はありえません。居場所がないというのは、新しい会社に転職して、自分の席がないようなものです。

居場所づくりは、在宅勤務を快適にするための基本中の基本です。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

在宅勤務を始めたら、机や椅子を買ったり、居場所づくりがおすすめという記事を書きました。

「一体この状態はいつまで続くのだろう?」と悩むなら、居心地の良い仕事スペースを確保するのは必須ではないでしょうか?