晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【捨てたもの】2013個まで捨てた結果。:いらないもの1000個捨てるチャレンジ3回目。

「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」の3回目で、通算3000個を目指す記事です。それで捨てたものについて書きます。

「わたしが捨てたものを記事にして、一体面白いのかどうか?」と悩むところもありました。

ですが、わたし自身、他の方の「捨てました」「手放しました」という記事が好きでつい読んでしまいますし、その上、断捨離への刺激を受けていますので、役に立つこともあろうかと思い、書くことにしました。

 

いらないもの1000個捨てるチャレンジとは?

ちなみに、「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」は、筆子ジャーナルの筆子さんのマネで、わたしなりのルールでやっています。以下は筆子ジャーナルの参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。 | 筆子ジャーナル

すでに2000個は捨て済みです。2000個まで捨てた記事はコチラです。↓

www.kogasora.com

それでは、どんなものを捨てたのか、ご紹介しますね。時系列ではなく、カテゴリーにわけて書いていきます。

修理や交換などが必要なガラクタ

2001個. キッチンタイマー電池のとりかえ

これは、「修理が必要な物」というガラクタで、とても面倒でしたが、同じ電池を購入してとりかえました。↓

f:id:kogasora:20190814143145j:plain

このTANITAのキッチンタイマーは、数年前に購入して愛用しています。でも、キッチンタイマーとしてではなく、特に、「何かに集中しよう」というときに使っています。

例えば、「15分だけブログ記事を書こう」などと思って15分タイマーをセットしてブログ記事を書いたりするのです。毎日何かに使っています。

このタイマーの電池が切れて、おかしな作動をしはじめていました。家にある他のタイマーを使おうか、買い替えようか、とも悩みましたが、結局電池を交換して再び使えるようにしました。

やはり、電池交換は、サクッと済ませると、それだけでとてもスッキリしますね。

2002〜2003個. クローゼット用の樟脳のとりかえ

クローゼット用の樟脳が、おとりかえサインが出ていたものを2つとりかえました。

f:id:kogasora:20190826080733j:plain

2004個. まな板

まな板がカビてきたので、捨てて、新しいものに交換しました。

f:id:kogasora:20190826080738j:plain

バッグ、靴、衣類

2005個. ファスナーが壊れたボストンバッグ

f:id:kogasora:20190814143206j:plain

旅行用のたためるボストンバッグで、旅行中、ファスナーが勝手に開いてしまうことがあり、だましだまし使っていましたが、処分することにしました。

2006個、2007個. おまけや景品でもらったバッグ2つ

以下は、雑誌の付録です。捨てたドライヤーを入れておいたものです。↓

f:id:kogasora:20190814143202j:plain

以下は、通販サイトのプレゼントでした。↓

f:id:kogasora:20190826080727j:plain

利用目的もなく、不用品をなんとなく入れて、クローゼットにいつも入っていました。1回使いましたが、使い勝手もイマイチでした。

自分で気に入って選んだものではなく、先方から勝手に送られてきたので、大切にすることはできませんでした。

2008個. サンダル

f:id:kogasora:20190826091430j:plain

多少劣化した、数年前に買ったゴールドのサンダルです。今年新しいサンダルを買ったことで、履かなくなったので手放します。

もったいないと思って今年の夏、1度だけ履きました。でも、革も伸びていて足にフィットせず、寿命を感じたので、踏ん切りがつきました。

真夏のサンダルは一足で十分ということも実感しました。

2009個. 帽子

f:id:kogasora:20190826091435j:plain

今年購入したばかりの帽子です。通販で買って、素材等がイマイチでしたが使っていました。ですが、洗濯したところ、縫い目がほつれてきてしまったので捨てることにしました。

あまり気に入ってなかったので、洗濯のときも大事にせず、どこか「早く傷めばいいなあ」なんて思いながら、毎回ガンガン洗っていました。こういう使い方もどうかと思いました。

2010〜2013個. 下着

f:id:kogasora:20190826091440j:plain

ガードル1つとショーツ3つです。ガードルは何年も前に買い、たいして履いてないのでまだ傷んでいませんが、ガードル自体、使わないので捨てることにしました。

もうすでに捨てた、ビジネス用のパンツ(ズボン)を購入する時に、「お尻がキレイに見えるから」と、お店の人に勧められて買ったのです。

何千円もする高価なガードルだったので、なかなか捨てられませんでしたが、そもそもわたしにとっては、最初から不要な買い物でした。

ショーツ3枚は、運気アップのためもあり、平成時代に買ったものを捨てることにしました。これについては別の記事でも書いています。↓

【下着を捨てる】平成のパンツ捨てて運気アップ!:プチ全捨離の実践2 - 晴れやかブログ

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

「いらないものを1000個捨てるチャレンジ」の、2001個〜2013個の記事でした。

次回は2014個〜の記事を書きますね。