晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

喪服はいちど断捨離したけど、買い直したという体験談と、喪服は持つべきだと思う理由

ミニマリストで喪服も処分してしまう方とか、断捨離してしまう方もいらっしゃいます。

実はわたしも、10年ほど前に一度、「黒い服で十分」と、断捨離してしまいました。

でも、実際に葬儀に遭遇し、とても困ったという体験をしました。それで、喪服は買い直し、今はいつでも使えるようにクローゼットの一番奥にしまってあります。

やはり、喪服は持つべきだと思います。その理由も書きます。

父の葬儀で喪服を調達するのに困ったという体験談

わたしが喪服を断捨離した数年後、父が亡くなりました。実はその父の葬儀のときに、喪服を調達するのにとても困ったのです。

「黒い服」は、たくさん持っていました。でも、ジャケットやスーツのようなものはなく、セーターとかカジュアルなパンツばかり。

確かに黒は黒でも、何だか全然「喪服」という感じではなかったのです。

あまり経済的に余裕のなかった時期、「洋服の青山」や「AOKI」のようなところでさえ高いと感じました。それで、近くの古着屋で2000円くらいで購入しました。

ですが、サイズが9号しかなく、13号のカラダを無理矢理9号のワンピースに押し込み、「1日くらい何とかなるかも知れない。」と、購入を決断し、実家へ。

結局、実家に母の喪服が数着あり、その中の1つを貸してもらい、何とか葬儀を済ますことができましたが、購入した9号の古着は一度も着ることはありませんでした。

喪服は持つべきだという理由:親しい人の葬儀は、喪服どころではない

両親や義両親など、または配偶者とか…本当に親しい間柄の人の場合、葬儀は「呼ばれて行く」わけではありません。喪主ではなくても呼ばれるのではなく、呼ぶ側です。

喪主でなくても、あれこれとやるべきことは盛りだくさん。そんなとき、喪服の心配ばかりしている場合ではないのです。

これがわたしが、喪服は持つべきだと思う理由です。

それに、「死」は突然やってきます。ある程度予想はしても、それが近ければ近そうなほど、「こんなときに喪服を買うなんて、縁起が悪い」なんて思うものです。

何もないときに買い直し

それで、わたしは上記のような経験から、まだ自分が葬儀に参列しそうなごく親しい人が生きている限り、「喪服はいつでも持っていた方が良い」と考えを変えました。

そして、父が亡くなってしばらくして、少しお金に余裕のあるとき、例の9号サイズの喪服は処分し、デパートの喪服売り場へ行って、13号の、自分に似合う喪服とバッグなどを一通り購入したのです。

f:id:kogasora:20190502155127j:plain

写真はイメージです。わたしのではありません。

それで次のお葬式の時から、困ることはなくなりました。葬儀のバタバタの断捨離です。「備えあれば憂いなし」喪服はあった方が良いですよ。

あまり流行などは気にならない部類のものですが、10年に一度とか、長いタームで見直しをしていくつもりです。今は5年ほど前に購入したものが、いつでも着れる、良い状態です。

ミニマリストでも喪服は必要

そんなわけで、個人的には、ミニマリストでも喪服は必要だと思っています。大人になったら必要なのかな、と思います。

ただ、子供の時は、紺などの学校の制服があればそれでも良さげです。そういう制服がなくなったら、喪服は用意した方が良いと思います。

わたしが最初に喪服を買ったのは、20代の前半、まだ大学生の時でした。親しい人の葬儀に参列するため慌てて買いました。

葬式だからと言って慌てて買うのもどうかと思います

そんなバタバタももうたくさん。わたしは喪服はいつでも準備しておく派です。

黒い服で代用できる場合があるとすれば、スーツやジャケット、ワンピースなど、キチンと感がある服だけではないでしょうか?

セーターやカーディガンや黒いパンツやスカートでも、キチンと感がなければ、いくら黒くても使い物になりません

「頼めばいつでもどこにでも喪服をすぐに届けてくれるサービス」でもあれば別ですが、非現実な気がします。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

将来的には喪服は断捨離もアリですが

遠い将来、もうまわりに自分の親しい人が一人も生き残っていない…わたし一人だけ長生きしてしまった…という状況が訪れたら、その時は喪服の断捨離をしても良いかも知れません。

それまでは、クローゼットの一番奥に吊るしておくつもりです。