晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

【収納の断捨離】ダンボール箱を捨てるのは運気アップにおすすめ!-プチ全捨離の実践1

収納の断捨離をさらに進め、ダンボール箱を2つ捨てました。

小さなダンボール箱だったので、「まあ後でいいか」などと思っていましたが、どうもこのダンボール箱というのが、とても運気が悪くなるらしいので、即刻退治したというわけです。

今回わたしの背中を押してくれたのは、「全捨離」です。なんでもダンボールは邪気が好む紙類ナンバーワンなんだそうです。

今回は、捨てたダンボールと全捨離について書きますね。

 

全捨離について。

すでに何度かこのブログの記事でも書いていますが、Kindle Unlimitedで『全捨離のすすめ』という本を読み、全捨離について知りました。

Kindle版は900円です。

ちなみに、全捨離という言葉は、本の著者の櫻庭露樹(さくらば つゆき)さんの登録商標です。

櫻庭さんは、ユーチューブでも全捨離と開運について語られていますので、「お金を払ってまで本を読む気にならない」という方は、ユーチューブをおすすめします。

櫻庭露樹 - YouTube

1000個捨てチャレンジと合わせて、断捨離やものを捨ててミニマルライフを実現するためのモチベーションの1つにするつもりです。

でも、それだけでなく、全捨離の魅力は、ハッキリと「運気アップ」をうたっていることです。

わたしは、カレン・キングストンや風水がきっかけでガラクタ処分を始めましたが、その目的は「運気アップ」でした。

そして、そのガラクタ処分の「運気アップ」への効果は実感しています。

マユツバと思う反面、やはり「全捨離」と聞いて、できることはやってみたいと思ってしまうんですね。

ダンボールを捨てるべき理由

空箱がエネルギーを奪うということについては、カレン・キングストンも語っていましたが、全捨離の櫻庭さんに、さらに背中を押していただきました。

興味のある方は、以下の動画をちょっと見てみてください。3分くらいで見れます。↓

www.youtube.com

「ダンボールは邪気が好む紙類NO.1。今すぐ捨てなさい」というタイトルの動画です。

これをダンボールを捨てるべき理由にするのはどうかと思いますが、賢明なミニマリストなら、こんな理由はどうあれ、とっくに捨てているはずですよね。

わたしは、もともとゴミを捨てるのが苦手なタイプで、汚部屋になりがちなのです。

それでダンボールは「つぶして捨てるのが面倒くさい」という理由でなかなか捨てられなかったのです。

それでも、今回断捨離を進める中、かなりのダンボールを捨てました。ですが、小さなのが2つ残っていました。以下がわたしが捨てたダンボールです。↓

f:id:kogasora:20190819165642j:plain

ところが、今朝、「ダンボールは邪気が好む紙類NO.1。今すぐ捨てなさい」という動画を見て、理屈ヌキで捨てました。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

「全捨離」に背中を押してもらって、放置していたダンボール2つ捨てました。これでわたしの持ち物の中から、やっとダンボールが消え去りました。

今後、通販で購入したものなどが届けば、またダンボールはウチにやってくるでしょう。でも、もう、ダンボールは「届いた途端に捨てる」ようにしたいと思います。