晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

元汚部屋住人が掃除を習慣化し、キレイな部屋に住めるようになった理由

かつて汚部屋住人だったわたしが、汚部屋から徐々に脱出していったのにはワケがあります。それは「掃除をする習慣を身につけた」ということです。

だからと言って、「掃除をする習慣」をつけるのに、無理矢理頑張ったのではありません。掃除のような面倒くさいものは、面倒くさく思わなくて済む程度まで、掃除をラクにすることで、習慣化が可能になります。

それで「掃除をラクにするために」まずわたしがしたことは、掃除機を充電式コードレス掃除機に買い替えたということです。

 

掃除機を組み立てるのが面倒くさスギて、掃除までたどりつけない

「充電式コードレス掃除機」を買う前のわたしが持っていた掃除機は、柄の部分を組み立てコンセントにつないで使う、従来、よく見かけるタイプのものでした。

この掃除機を段ボールに入れて、押し入れの下の段にしまって、使うときだけ取り出して組み立てていました。

今思えば、あきれるほど大変な作業なわけですが、何故か長年そうするのが当たり前だと思っていました。

ところが、やはり、平日会社勤めをしていた当時、くたくたになった週末、「掃除機をかけなくちゃ」と思うばかりで、そのプロセスを考えただけでも圧倒され、くたびれてしまい、 「掃除機をかけるのはまた今度にしよう」と見送る…ということを繰り返していました。

押し入れの戸を開け、掃除機の入った箱を取り出し、掃除機を組み立てて、コードを引っ張り出して、コンセントにつないで…「ありえないほどメンドクサイ」

それで掃除機をかける…というのは、普段の習慣ではなく、たまの一大イベントとなっていました。

「充電式コードレス掃除機」との出会い

そんなある日、「充電式コードレス掃除機」というものを知ります。ある著名な方の本を読んでいたときでした。これで家事がとてもラクになる…という主旨の本です。

家事ができるようになるのは、本人のスキルの問題ではなく、仕組みの問題だというのです。

「ナルホド。自分をナマケモノだと責めるより、簡単で便利なグッズを買えばいいんだ。」目からウロコな発想でした。

「これは欲しいな」と思いました。でも、当時のわたしにとって、それはかなりの贅沢品に思えたのです。それで、すぐには買いませんでした。

それに、今ある掃除機はまだ十分に使えるものですし、何より、「充電式コードレス掃除機」を買ったからって、わたしが掃除をするという保証はないわけです。

「わたしが掃除をなかなかしないのは、わたしの「ものぐさのせいか」それとも「掃除機の使い勝手のせいか」どちらかわからない。」

卵が先か、ニワトリが先かわからない…

そんな風に考えて、しばらく迷っていましたが、ついにわたしは「充電式コードレス掃除機」を購入することにしました。

「充電式コードレス掃除機」を手にする

わたしが購入した「充電式コードレス掃除機」は、エルゴラピードというものでした。1万6000円くらいでした。掃除機にしては、わたしにとってかなり贅沢な金額です。

f:id:kogasora:20190325005201j:plain

色もピンクでカワイイのを買いました。やはり、このタイプの掃除機は、「出しっ放し」にしてこそ価値のあるものだったので、見た目重視で購入を決めました。

充電用のホルダーに普段は立てておくと、勝手に充電してくれるので、掃除をしようと思ったときに、いつでもスグに使えます。

試しに掃除をしてみて感動しました! 例の「押し入れの戸を開け、掃除機の入った箱を取り出し、掃除機を組み立てて、コードを引っ張り出して、コンセントにつないで…というありえないほど面倒くさいプロセスがないのです!

しかも、掃除機がけが何だか楽しいとさえ感じました。掃除を終えた後も、ただホルダーに置くだけです。ピンクでかわいいし、見ているだけで何だかワクワクする掃除機でした。

掃除をする日が増えた

この掃除機を購入してから、確実に掃除機がけする日が増えました。最初は面白がって毎日掃除機がけをしていたほどです。

その面白さに飽きた後も、わたしの掃除機がけ頻度は以前よりも確実にアップし、掃除機がけが年に数回の大イベントではなく、習慣と呼んでOKレベルまで達することができたのです。

この初代「充電式コードレス掃除機」は、6年ほど活躍し、不調が出たので処分しました。今は別の「充電式コードレス掃除機」を使っています。

そして、忙しくなければ、ほぼ毎日、床の掃除機がけをしているのです。

現在使用しているのはMakita(マキタ)のものです。

f:id:kogasora:20190327075802j:plain

左が充電中

マキタの「充電式コードレス掃除機」は、充電用のホルダーがないので、充電には一手間かかるという難点がありますが、ヘッドが小く狭いところも掃除しやすくて気に入っています。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

まとめ

部屋を汚部屋にしてしまう人は、基本、面倒くさがり屋のなまけものです。でも、そんな自分を責めるよりも受け入れ、自分にもできるラクな仕組みを考え、習慣化しましょう

わたしの場合は「充電式コードレス掃除機の購入」でした。この掃除機の購入は「キレイな部屋に住める人生」への大きな転機となりました。