晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

買い物に失敗した服「冬物のロングスカート2枚」を断捨離した感想。

今年の3月、冬物のバーゲンで2枚のロングスカートを買いました。買ってすぐに失敗だと認められなかったのですが、着ない服、タンスの肥やしになることは間違いありません。

それで、手放すことにしました。

実は、「次の冬は使うかも知れない」「使おう」「次の冬まで待ってみよう」と思い、いったん、衣装ケースにしまいました。

ところが、先日パーソナルカラー診断を受けた結果、この2つのスカートも、似合わない色だということが判明しました。それで、踏ん切りがつきました。

さて、どんなスカートでしょうか?

2枚の色違いのスカート

これがその2枚のスカートです。

f:id:kogasora:20190611154235j:plain

 

黒と白のボーダーと、チャコールグレーの色違いです。どちらもバーゲンで700円。買ったのは、今思えば、気晴らしにすぎません。

近所の若いお母さんが、ジージャンとスニーカーで素敵に着こなしているのを見かけて、素敵だなあ、と思っていました。

それで、すぐに買おうとは思いませんでした。わたしよりもずっと若い、30代くらいの人でしたし、スリムでスタイルも良かったからです。

でも、たまたま700円で手に入るのだとわかったら、「ちょっと試しに買ってみても良いかな?」と思ってしまったのですね。

他人が素敵でも自分に似合うとは限らない

いくら他人が素敵でも、自分に似合うとは限りません。試着して「入った! 大丈夫!」と思っても、サイズが合うことと似合うかどうかは別物です。

しかも、黒白のボーダーは、カラー診断を受けずともわたしにとっては鬼門でした。どこでもよく見かけて、「カワイイ!」と、つい手にとってしまう柄物です。

でも、Tシャツにしても、カットソーにしても、結局あまり似合わないので既に以前に断捨離済みでした。

黒白のボーダーは、何だかわたしにはとても派手なのです。コントラストが強すぎて目立って恥ずかしいのです。

それで、さらに悪いことに、「ボーダーが無理でもチャコールグレーなら何とかなるかしら?」と、両方買ってしまいました。

恥ずかしいから部屋着に

まず、やはり「カワイイ」と思ったボーダーから試しました。裏起毛付きで暖かでした。でも、外に出るのは恥ずかしかったです。

それで、部屋着として2回着ました。ですが、何だかあまりしっくりこなくて、2回着ただけで着るのをやめてしまいました。

チャコールグレーに至っては、一度も着用していません。

一番しっくりこなかったのは、冬のデスクワークのときに使っている、腰まですっぽり入る脚袋のせいだったと思います。

この脚袋は、電気が通っているので、コタツみたいに暖かいのです。それで、スカートの長さが、脚袋の出入りの邪魔になってしまったというわけです。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ 

結局、服が多すぎた

それにしても、このスカートでなくても、わたしは服が多すぎでした。

ここのところずっと服の断捨離に取り組んでいますが、処分しながら数えてみると、あまりの服の多さに自分でも呆れてしまいます。

そして、こんなにも服を処分しても、わたしは着るものに困ってない上、まだまだ処分する服がたくさんあるのです。トホホ。

それでは、さらなる服の断捨離に続きます。