晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

似合わない色の服「パンツ7枚」を手放した結果。

パーソナルカラー診断似合わない色がわかり、黒を中心に手放していましたが、似合わない色の服は、黒以外にもたくさんあります。

今日は、先日まとめてリサイクルショップに持っていった7枚のパンツについて書きますね。さて、一体どんな色が似合わないのでしょうか?

 

私に似合う色

f:id:kogasora:20190527005704j:plain

わたしは、イエローベースの「スプリング」。その中でも、ブライト・スプリングと言って、ハッキリした色が似合うタイプだそうです。

上の写真は、カラー診断の先生に頂いた色見本。左の●印が100点、半円が90点、扇形が80点、その他が70点で似合うそうです。

診断の際の説明と、この見本で、自分の似合う服と似合わない服をチェックしています。

手放した7枚のパンツ

以下が、手放した似合わない色のパンツのリストです。

1 色のクロップドテーパードパンツ

2 純白のヨガパンツ

3 オフホワイトのストレートパンツ

4 グレーのストレートパンツ

5ピンクのユニクロのレギパン

6 ブルーデニム(GAP)

7 濁ったグリーンのカーゴパンツ

こういうのは似合わない色です。もう少し詳しく説明します。

1 紺色のクロップドテーパードパンツ

f:id:kogasora:20190610185325j:plain

紺色はわたしにとって、黒とほとんど変わりません。ブルーベースの「ウィンター」の人には似合うのかな?

紺のスーツとか、過去に持っていたことはありますが、とてもクソ真面目な人に見えるだけで、粋な感じがしないのです。

まあ、今はただ暗いだけに感じる色です。

2 純白のヨガパンツ

f:id:kogasora:20190610185344j:plain

写真だとわかりにくいですが、純白です。真っ白は「ウィンター」の人の白だそうです。

このパンツは、実は自分の定番と思っていた黒やベージュのヨガパンツと全く同じものの色違いなんです。

過去にこんな記事を書きました。

www.kogasora.com

最初にワンパターン化したのは、この黒だけでした。その後、カラー診断を知る前から、夫に「服の色が暗い」と苦情を言われたことも手伝い、他の色も買ってみたのです。楽天の通販です。

ベージュと白は同じ日に買いました。

ところが、買った途端に失敗だったと思いました。というのは、オフホワイトを期待していたからです。

ところが、真っ白な純白。純白がまぶしすぎて寒すぎて着られないのは以前からのことです。

黒よりは印象が明るくなるだろうと思って一度はいたのですが、はいたのは一度だけで終わりました。

ベージュの方が暖かみがあって、ずっと心地良かったからです。

デザインもサイズも全く同じ白とベージュですが、はき心地は全く別物でした。

何というか、わたしが純白のパンツなんかはくと、小学生のトレパンにしか見えません。そしてパンツの眩しすぎる白さに自分が負けます。

「どうしてそんな色をはいているの?」って感じ。これって、白色にエネルギーを奪われているってことだと思います。

わたしにとって純白は始末が悪いので、極力避けていましたが、通販ならではの失敗でした。

それでも処分せずに持ち続けていたのは、「白は誰にでも似合う色」という定説を信じていたからです。

似合わないのだと教えてもらって、「もう着なくて良いのだ」と、ほっとした色のうちの一つです。

3 オフホワイトのストレートパンツ

f:id:kogasora:20190610185401j:plain

このパンツは今年の4月に買いました。オフホワイトは、純白よりは遥かにマシですが、わたしにはやはり寒い色です。

オフホワイトは、ブルーベースの「サマー」の人などに似合うようです。

このパンツを買う時、オフホワイトのものを色々と試着しましたが、特にスリムなものは、わたしがはくと、モモヒキにしか見えませんでした。

4 グレージュのストレートパンツ

f:id:kogasora:20190610185429j:plain

これは、昨年、ベージュの春夏物のパンツが欲しくて買いました。でも通常のベージュよりはグレーに近いクールな色で、実際にはグレージュだと思います。

クールな色で、好きでしたが、どうも顔映りが良くなかったのと、手持ちの服に合わせづらく、買ってからたいして履いていませんでした。

わたしにとっては寒い色ですが、かといって、ブルーベースの人には黄色すぎるだろうと思います。誰にも似合わない色かも知れません。

5ピンクのユニクロのレギパン

f:id:kogasora:20190610185447j:plain

明るい色を…と思ってユニクロで買ったピンクのレギパンです。チュニックの下に履くつもりでしたが、手持ちのチュニックに合わせる色がなかった、失敗した買い物です。

カラー診断で似合う色がわかったら、使えるかと思っていましたが、このような青みがかったピンクは、わたしには似合わないことが判明。

わたしに似合うピンクは、黄色味がかったコーラルピンクなどです。

6 ブルーデニム(GAP)

f:id:kogasora:20190610185517j:plain

ブルーデニムはやめた方がいいと、カラー診断の先生からアドバイスを受けました。これも驚きでした。

わたしは子供の頃からジーンズはずっと、何かしら持っていて、黒と並んで定番中の定番だと思い込んでいたからです。

でも、実際には数年前から殆ど着用しなくなっていました。その原因は、45歳くらいの時のある出来事がきっかけです。

勤め先の会社のイベントで、ビデオ撮影がありました。そこに映った自分の姿をみた時です。カットソーとジーパンという姿でしたが、それが、何とも貧相で年老いてダサく見えたのです。

年老いてデニムが似合わなくなったのかと思っていましたが、最初から似合わなかったのだと思います。若い時は、ただ単に、肌が今よりは良いから、似合わないことに気づかなかっただけなのです。

ブルーデニムは、きっと、ブルーベースの人には似合いますよね。

オフホワイトのトップスにブルーデニムのボトムスが爽やかに決まる、という人は、きっとブルーベースの「サマー」なんじゃないかと思います。

わたしがそれをやると、とてもションボリした感じになってしまいます。このジーパンを手放すことで、わたしの人生からブルーデニムも去りました。

定番中の定番と思い込んでいたブルーデニムが似合わないとわかったことは、カルチャーショックでしたが、「はく必要はないのだ」と、ほっとした気持ちもありました。

7 濁ったグリーンのカーゴパンツ

f:id:kogasora:20190427143220j:plain

濁ったグリーンは、よく「カーキ色」として売られています。本当のカーキ色はもっと黄色っぽい別の色で、濁ったグリーンは別の名前のようです。

それはともかく、この色は大好きでした。モッズコートも大好きでした。でも実に夫には評判が悪かったです。

この色に妙にワクワクするのは、それなりに原因はありました。以前、記事にも書きましたが、母との関係に原因があります。その記事はコチラ↓

www.kogasora.com

今でも、それほど似合わない訳ではないようにも感じるのですが、もっと他に、ずっと似合う色があることがわかった以上、着る必要はなくなったと思います。

似合わない色の服「パンツ7枚」を手放した結果

上記のパンツ7枚と、この前処分した黒いパンツ8枚を処分した結果、衣装ケース1つ空になりました。

f:id:kogasora:20190604115725j:plain

残ったのはベージュのヨガパンツだけです。

f:id:kogasora:20190611001908j:plain

このパンツを別の引き出しに移動すれば、衣装ケースを1つ処分することができそうです。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 にほんブログ村へ

おわりに

多くの人は、ここまで服の色にこだわる必要はないと思っているかと思います。

わたしが服の色にこだわるきっかけになったのは、夫に服の色について苦情を言われていたからです。

でも、今は、そのおかげで、カラー診断に出会い、自分の似合う色がわかりました。本当の自分に突然出会ったような喜びがありました。

わたしは、似合う色だけを着るというミニマリストになりたいのです。