晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

お気に入りの靴下の断捨離。「捨て基準」は「毛玉?」それとも「穴?」それとも…。

衣服断捨離で迷うのは、「どこで見切りをつけるか」という「捨て基準」です。今日は、靴下の断捨離での「捨て基準」について書きます。

服と同じで、買ったものの、素材などがどうしても合わず、たいして履いてないのに捨てることはあります。

でも、本当に迷うのは、お気に入りで、よく履いていた靴下を、どこで見切りをつけるかということでした。

よく履いていた靴下に関して、つい一昨日まで、わたしの捨て基準は、「穴が開いたら捨てる」ということになっていました。

でも、一昨日、そのわたしの長年の「捨て基準」を変える出来事がありました。この出来事をきっかけに、わたしは自分の「捨て基準」を変え、「毛玉」や「汚れ(色素沈着)」でも捨てて良いことに決めました。

(ちょっとキタナイ話も出てきますので、お食事中の方や苦手な方はスルーしてください)

長年の「捨て基準」を変えた出来事

一昨日、外出から帰ってきて、廊下に猫のゲロがあることに気づかず、ゲロを踏んでしまったのです。それで靴下がゲロまみれに。

それで、すぐに「この靴下はこのまま捨てよう」と決めました。洗えばまだ履けるはずの靴下。それをなぜ捨てることにしたかというのは、「ゲロを踏んだから」というだけではなかったのです。

お気に入りでよく履いていた靴下でしたが、「毛玉」と「色素沈着」が気になっていたところでした。

f:id:kogasora:20190409135704j:plain

写真はイメージです(うちではありません)。

薄手の明るいベージュのスニーカーソックスでした。綿に化繊がまざっているらしく、何度も履いたり洗濯を繰り返していると、手でサクッと取ることができない、細かい毛玉が出てくるようになりました。

それから、足の裏の部分、洗濯機では落ちない、うっすらとした汚れの色が着いたままになっていました。手洗いで石鹸などでしっかり洗えば落ちたかも知れませんが、面倒だったのです。

この靴下、半年以上履いていますが、「毛玉」と「色素沈着」はあるものの、穴が開く気配はありません。それであまり気にしないフリをして履き続けていました。

本当は気になっていた「毛玉」と「色素沈着」

でも、ゲロを踏んだとき、「あ、捨てる理由がみつかった!」「やっと捨てられる!」って、まず真っ先に思ったのです。

手入れが面倒だったから、「毛玉」と「色素沈着」は見なかったことにして履き続けていました。

それでも、本当は気になっていたからこそ、「あ、捨てる理由がみつかった!」と、喜んだわけです。

猫のゲロを踏んだのが、新品のお気に入りだったら、スグに洗ったと思うのです。でも、「毛玉」と「色素沈着」のあるこの靴下に、「ゲロを洗い流す」という手間ひまをかける価値を見出せなかったのです。

ここで気づいたのです、「本当は、わたしは「毛玉」も「色素沈着」も嫌だったのだ」ということに。今まで放置していたのは、ただ単に「面倒くさかったから」だけです。

「毛玉」も「色素沈着」ある靴下、普段家では平気で履いてきましたが、多分、どこか他所のお宅にお邪魔するようなことがあれば、恥ずかしくて履いていかなかったと思います。

ここでにわかに、他の同レベルの靴下も気になってきました。洗濯のピンチにぶら下がっている洗いたての靴下、毛玉がたくさんついて、薄汚れています。

洗いたてだというのに。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

新しい捨て基準 

それで、「穴が開くまで」という今までの基準をやめて、新しい「靴下の捨て基準」を設けることにしました。

今後は、「毛玉は取る」「取りきれなければ捨てる」「汚れたらしっかり洗う」「洗っても落ちなければ捨てる」ということにします。

でもそれだけだと、面倒くさがりやの自分に優しくありません。ですから「毛玉を取るのも洗うのも面倒なら捨てて良い」と、自分に許可を与えることにします。

そして、自分の足には、いつでもキレイな靴下を与えるようにしていこうと決めました。

猫のゲロを踏んだおかげで、未来のわたしの足元は、キレイな靴下で支えられていくことになりそうです。良かった、良かった。