晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

ミニマリストにとって最小限って一体どれくらいが適当なの?

ミニマリストにとって、最小限って、一体どれくらいのものなんでしょうか? わたしは、このことについては、「人それぞれ」だと思っています。

他のミニマリストの方のブログや本などを読むと、もう手放すものなんてなさそうなくらい、少ししかモノを持っていないのに、まだまだ、もっと捨てようとする人もいれば、たくさん持っているのに、まだ足りないという人もいます。

この違いって、一体どこからくるのでしょうか?

 

「考え方の違い」というのもありますが、「キャパの違い」が一番大きいのではないかと、わたしは思います。

ミニマリストの最小限は人それぞれ

「キャパシティの違い」を、胃袋に例えるとわかりやすいかと思いますので書いてみます。

たくさん食べなければお腹が一杯にならない人と、少しの量で十分足りてしまう人がいるように、キャパシティの違いは、胃袋の大きさの違いのようなものだと思います。

キャパを超えると、一杯一杯になり、苦しくなり、断捨離がスタートしたりします。そういうときの断捨離は、すればするほどラクになっていくものです。

ところが、あるとき断捨離は壁にブチ当たります。こうなったら、断捨離しても、ラクにはならなくなっていくのです。

ミニマリストは持つべきものは持つ-最小限は少な過ぎてもいけない

胃袋に例えると、「お腹が空き過ぎている」ということになったわけです。「モノがないのになぜ苦しいのか?」と考えても、答えは見つかりません。

なぜならば、今度はお腹が空き過ぎて苦しくなったわけですから、もっと食べなければならないわけです。

「不足しているものを手に入れる」ということで、今度は断捨離と逆のことをしなければなりません。

食べ過ぎは良くないけど、食べなくても死んでしまいます。それと同じことで、持ち過ぎは良くないけど、持たな過ぎてもダメなのです。

「持つべきものは持つ」ということが、ミニマリストには必要なのです。これは、長年断捨離をくりかえしてきて、捨て過ぎたわたし自身が、あるとき実際に気づいたことです。

ですから、ミニマリストにとって、最小限というのは、その人の「胃袋の大きさ」次第なのです。あふれるほど多過ぎても、満たされないほど少な過ぎてもいけません。

ミニマリストの最小限はTPOでも変化する

また、TPOによってもキャパシティは変わってきます。独身の人が結婚したらTPOに応じて「胃袋の大きさ」も変わります。若い人が年をとったら、それはそれでTPOが変化します。

旅に出た時、どこかで長く暮らす時、同じ人でもTPOが変化するとキャパシティも変わります。

ミニマリスト本人が一番正しい

そして、そのキャパシティって、本人にしかわからないことで、周りから「あなたのキャパはこれくらいです」と言うことはできないものです。

自分のお腹が一杯か、お腹が空き過ぎているか…?って、実感できるのは自分自身だけだからです。

ですから、「自分とは違うミニマリスト」に出会っても、相手を否定することはできないものです。それは、そのミニマリストにとっては、その人自身の感覚が一番正しいはずだからです。

自分にとって適切なミニマルサイズを見つけるには、手放したり手に入れてみたりしているうちに、「心地よさ」という形で次第に答えが見えてきますが、それは本人の仕事です。

応援に感謝してます♡
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへにほんブログ村 その他生活ブログ 断捨離へにほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ

ミニマリストの最小限は変化する

でも、人もTPOも常に変化しています。「心地よさ」も長くつづくこともあれば、スグに変わったり、しばらく安定していたのに、心地よくなくなったということはあります。

ミニマリストの最小限は、変化するものだと思った方が良いでしょう。