晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

手放すことと断つことの違いとは? 「物へのダメ出し」を手放したことで得た気づき。

最近ふと得た気づきについて書きます。気づきというのは「手放すことと断つことは違う。」ということです。

「物へのダメ出し」を自分がしていることに気づき、その結果として感じたことです。

それでは詳しく書きますね。

 

最近気づいた「物へのダメ出し」。 

わたしは、毒親育ちで、「自分へのダメ出し」や周囲の人へのダメ出しをやっていることに少し前に気づき、やめるようにしています。

ところで、最近「物へのダメ出し」もたくさんやっていることに気づきました。

例えば、飲食物です。お酒などの嗜好品とか、インスタント食品は体に悪いとか、清涼飲料水は体に悪いとか、食品添加物はダメとか…。

これらのダメダメづくしは、親からの影響も大です。子供の頃、そのように教えられ、そのまま信じ込んで、あまり明確な根拠もなく「ダメ」だと思っていました。

幼少時、カップラーメンダメとか、コカコーラ飲んじゃダメとか、ガムはダメとか、色々と禁止事項がありました。

f:id:kogasora:20200409095207j:plain

これらの「物へのダメ出し」は、飲食物だけではありません。

ダメ出ししていたものはまだ他にもあります。

化学繊維の服はダメもその一つです。

化粧品などへのダメ出しもたくさんあります。「ケミカルなものダメ」とか、「無添加でなくてはならない。」とか…。

挙げ出したら、もっと他にも色々と出てきます。

「物へのダメ出し」が多いと、生活や人生が苦しくなります。これが問題です。

手放すことと断つことの違いとは?

 そこで、今日の話題、手放すことと断つことの違いについてです。

「これはダメだから排除しよう」というのが「断つ」ことで、ダメルールにしばられて息苦しさを感じます。

一方「手放す」というのは、「ダメ出し」辞退を手放すと考えると、とても自由な気がします。

カップラーメンを例にすると、「体に悪いからダメ」として完全に排除すると息苦しいですし、非常時などは役に立つこともあるので、必ずしも「悪」とは言い切れないのです。

f:id:kogasora:20200409095242j:plain

「毎日毎食たべつづけるのは問題だけど、カップラーメンにはよい面もある。」というユルさには、執着がありません。

これがわたしがこの記事で言っている「手放す」ということです。

反対に「カップラーメンは絶対的に悪いから断つ」というのは、執着の裏返しで、目の前にないのにもかかわらず「気にしている。」という執着があるのです。

「物へのダメ出し」は執着の裏返し。

 物へのダメ出しは執着の裏返しですから、「ダメだから捨てる」「ダメだから買わない」ということでは、人生が息苦しく寂しいものになります。

「(自分にとっては)もういいかな」という感じで手放すのは、同じ「捨てる」でも「ダメだから捨てる」のとは大違いです。

わたしは、特に化粧品や飲食物に関しては、自分はかなり「ダメ出ししてたなあ」と思います。

f:id:kogasora:20200409095508j:plain

それで、例えば「ケミカルな合成シャンプーはダメ」という想念をひっつかんでいて、合成シャンプーなんて持ってないのに、いつでも常に「合成シャンプーについて考えていた」のです。

これって、ダメ出しをしているからこそ、合成シャンプーに、裏返しとしての執着を持っていたってことだったんです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

「物へのダメ出しをし過ぎていた自分」に気づいた結果として、手放すことと断つことの違いについてさらなる気づきを得、自由な気持ちが湧いてきました。

それで、この自由な気持ちをお伝えしたくてこの記事を書きました。

多少「言葉のアヤ」みたいな面もあり、とっちらかってしまい、スミマセン。

個人的な「好き嫌い」はよいのです。「嫌い」=「ダメ」というときにも「ダメ」という単語を使う事がありますが、その「ダメ」はよいです。

でも、絶対的な善悪の尺度としての「ダメ」は、単なる執着の裏返し、物を断って、目の前に物がないのに心を苦しめることにつながります。

「ダメ出しという執着」を手放すとラクになります。