晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

化粧品の断捨離、6つの捨て基準と捨てたもの19点を公開。(3967個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

化粧品断捨離するための6つの捨て基準と、捨てたもの19点について書きます。

化粧品は、メイクアップ用品と基礎化粧品のようなお手入れ系のものに2分できますが、今回はどちらも混在しています。

それでは、まずは化粧品の6つの捨て基準からお話ししますね。 

 

化粧品の捨て基準6つ。

化粧品の捨て基準は、主に以下の4つです。

1. 似合わない色のメイクアップ用品。

2. 肌に合わないもの。

3. 使わないもの。

4. 多すぎるもの。

5. 古すぎるもの。

6. 使い切ったもの。

それでは詳しく書きますね。

 

1. 似合わない色のメイクアップ用品。

メイクアップ用品の断捨離は、服の断捨離と共通点があります。それは、自分のパーソナルカラーに合うか合わないかということです。

「これは自分に似合わない色だ」と思ったら、まずは全部捨てましょう。

この捨て基準では、アイブロウ、アイシャドウ、マスカラ、アイライナー、チーク、口紅、マニキュア、ファンデーションなど、色にかかわる多くのアイテムを手放すことができます。

わたしがこの捨て基準を最も最初に書いたのには、相応に理由があります。

それは、「似合わない色のメイクアップ用品」というのが、最もたくさん「いらない化粧品」を捨てることができる基準だからです。

以前、「似合わない色の服」を捨てたことに関する記事を書きました。その記事はコチラです。↓

イマイチな服を捨てられなかったわたしが、徹底して捨てられた、究極の「服の捨て基準」。

「似合わない色」をハッキリさせておかなければならないのがネックですが、もしわかっているなら、本当にこの基準は便利です。

とても捨てられますし、似合わない色のものを買ってしまうことが激減し、買い物の失敗が減るからです。

わたしが捨てたもの11点。

ちなみにわたしのパーソナルカラーはイエローベースのスプリングです。

以下は、チャコールグレーのアイブロウペンシル2本です。スプリングに合うのはブラウン系です。おすすめのものがありますが、別の記事で書きます。↓

f:id:kogasora:20191020172615j:plain

次は、アイライナーとマスカラです。どちらも黒を使っていましたが、怖い顔になっていました。↓

f:id:kogasora:20191020172557j:plain

それから、チークです。ローズ系の色なので捨てました。スプリングはオレンジ系が良いです。↓

f:id:kogasora:20191020172612j:plain

それから、ローズ系の口紅3本です。どれもブルーベース向きの色でした。↓

f:id:kogasora:20191020172604j:plain
f:id:kogasora:20191020172600j:plain

以下は、グリーンのアイシャドウです。3ヵ月前に買ったところでしたが、ちょっと思っていた色と違ったので捨てます。↓

f:id:kogasora:20191020172546j:plain

そして、ショッキングなオレンジのマニキュアです。これも2ヵ月ほど前に買ったばかりでしたが、色が強過ぎて浮いてしまうので、捨てることにしました。↓

f:id:kogasora:20191020172541j:plain

このカテゴリーで捨てたものの最後に、黒い化粧ポーチを挙げておきます。↓

f:id:kogasora:20191020172519j:plain

無印良品の黒い化粧ポーチで、長年愛用してきまして、使い勝手も良かったです。旅行にはいつもこれに化粧品を入れて持って行っていました。

化粧品ではありませんが、化粧品に関わりが深いので、ここに列挙します。

最後に使ったのは今月行った旅行でした。旅行から帰ったら捨てようと決めていました。本当にお疲れさまでした。

かわりの化粧ポーチは、いつかそのうち買うかも知れません。

2. 肌に合わないもの。

肌に合わないものというのは、化粧水や乳液などのお手入れ系の化粧品です。このカテゴリーのものは、誰にとってもすぐに捨てるべきです。

荒れたり、湿疹ができたり…トラブルになるものはすぐに捨てましょう。わたしは、もう持ってなかったので、このカテゴリーで捨てた化粧品は、今回はありません。

3. 使わないもの。

便利だと思って買った、化粧品やメイクのための道具などです。断捨離を始めると、このカテゴリーのものはいくつか見つかるものです。

わたしが捨てたもの3点。

以下はアイブロウペンシルを削る鉛筆削りと、アイブロウブラシです。汚れています。↓

f:id:kogasora:20191020172549j:plain

鉛筆削りは使っていましたが、鉛筆タイプではないものを今後使うことにしたので、もう使わないと思います。どちらも5年以上前に購入したものです。

それから、以下は、昨年購入したアイシャドウブラシです。↓

f:id:kogasora:20191020172526j:plain

キャップをはずして後ろにはめて…と、忘れてしまいましたが、何か便利そうだったのです。でも、わたしは、アイシャドウはチップが好きで、ブラシタイプは結局使わなかったのです。

4. 多すぎるもの。

同じものが複数ある場合、使うものでも、不用品になってしまうことはよくあることです。よく使うものなら、きちんと使いきれますが、そうでもなければなかなか終わりませんね。

数を絞って、捨てないと、いつまでも使われないまま家にとどまり続けます。

わたしが捨てたもの2点。

以下は、爪に塗るオイルが入った透明なエナメルで、少ないものを多い方に移して、片方は捨てました。↓

f:id:kogasora:20191020172619j:plain

ツヤが出るので便利だと思って追加購入したのですが、使用頻度は思ったよりも低く、どちらも半端に残っていたのです。

以下はトップコートです。↓

f:id:kogasora:20191020172538j:plain

まだ使えますが、これも別のものがあるので捨てます。

5. 古すぎるもの。

消費期限が切れても使ってしまうものはあります。でも、できれば守った方が肌には安心ですね。特に液状のものなどは、雑菌の繁殖もしているでしょう。

わたしが捨てたもの2点。

以下は、消費期限どころではありません。持っていたのも忘れていたコンシーラーです。↓

f:id:kogasora:20191020172553j:plain

5年以上も前に買ったはずです。リキッドタイプのもので、5年以上も前って、骨董品レベルですね。

それから、ニベアのスキンミルクの小さいボトルです。↓

f:id:kogasora:20191020172530j:plain

ニベアは以前愛用していましたが、肌断食でやめました。もう捨てたと思っていたのですが、小さかったので、ものかげにかくれていました。

6. 使い切ったもの。

使い切って捨てるという捨て方だけが、本当に納得して捨てられる捨て方です。全部このカテゴリーになることは、理想の1つです。

わたしが捨てたもの1点。

以下は、5月に購入したアイブロウペンシルです。↓

f:id:kogasora:20191020172522j:plain

パーソナルカラー診断で先生が紹介してくれた色の、芯を繰り出すタイプのアイブロウペンシルです。自分になじむ色なので、かなり強く描いても悪目立ちしません。

わたし自身の眉毛の色と殆ど同じ色のペンシルでした。

そのせいなのか、使い過ぎたのか、5カ月で使い切ってしまいました。アイブロウペンシルを最後まで使い切ったのは、生まれて始めてです。同じものをリピしました。

捨てた化粧品は合計19点。

今回捨てた化粧品は合計19点です。これで3967個となり、4000個までかなり近づきました。いらないもの4000個捨てるチャレンジ、残りあと33個です。 

いらないもの4000個捨てるチャレンジについて

4000個捨てるチャレンジについて簡単にご説明します。

もともと、筆子ジャーナルの筆子さんのマネで、本来は「いらないもの1000個捨てるチャレンジ」と言います。以下は参考記事の1つです。↓

持たない暮らしに近づく1000個捨てチャレンジの楽しみ方。

まず1000個を目指して物を捨てていくというものです。わたしは、断捨離のモチベーションアップのために、この企画を使わせていただいています。

物をどのようにカウントするのかというルールに関しては、わたしなりに適当にルールを決めてやっています。

これの4回目に突入し、4000個を目指しているところです。これを「4000個捨てるチャレンジ」と呼んでみました。

ちなみに、3948個まで捨てた記事はコチラです。↓

2019年9月に捨てた不用品やガラクタをまとめて61点ご紹介!(3948個まで捨てた結果:いらないもの4000個捨てるチャレンジ)。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今回は、化粧品の断捨離について書きました。色々と処分してもなかなか片付かないという方は「似合わない色は全部捨てる」という基準をぜひ取り入れてみてくださいね。