晴れやかブログ

シンプルで生き生きとした生活がしたいミニマリストが断捨離や日々の想いをつづります

本当に痩せる、効果的でラクなダイエットの情報源3つ。(アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり11)

断捨離して、いらないもの処分すると、何か新しいものが入ってくるということは、経験上、よくあることです。

「アラフィフ3年間で10キロダイエットしたわたしの、痩せるまでの道のり」の第11弾です。

今年、2019年にやった断捨離でも、「新しいもの」が入ってきました。それは、本当に痩せる「効果的でラクなダイエット情報」です。

ネットや本など、さまざまな情報に触れましたが、これは! という、おすすめな情報源を3つご紹介しますね。

 

効果的でラクなダイエット情報源1: ダイエットを助けてくれたブログ。

まず、「効果的でラクなダイエット情報」の1つ目は、同じはてなブログで、読者登録させていただいている、以下のゆんさんのブログです。↓

50歳でも10キロやせる!我慢しない断糖高脂質ダイエット

わたしが今回痩せたのは、この「断糖高脂質ダイエット」を参考にしたものでした。砂糖をはじめ、糖質が体に悪いというので、砂糖断ちをする人は他にもたくさんいます。

それで、気にはなっていたのですが、甘いものが大好き過ぎて、自分には無理だと思ったので、わたしは、「断糖」は断念して「低糖質」程度にすることにしました。

そのため、わたしの痩せ方はゆるやかになりました。

でも、それより何より、「高脂質」というのがスゴイと思ったのです。カロリーが高いから、あぶらは減らすべき、というのが、わたしの中の常識でした。

でも、その常識はくつがえされました。

脂質は取っても良いことの気づかされ、俄然、やる気が出て来たのです。

最初は、おそるおそる脂質をとっていました。やはり「脂質は太るという、今までの間違った常識」の影響が強かったからです。

でも、最後には「どうせ自分の体。自分の責任。太ってもいいから脂質をきちんと取ろう。」と決心して、脂質を制限するのをやめたのです。

この選択は間違ってなかったと思います。

また、肌の色つやを保ったまま、シワにならずに、キレイに痩せたいなら、脂質こそ摂取すべきだと今は思っています。

効果的でラクなダイエット情報2: ダイエットを助けてくれた本1。

次は、『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』という、ビックリするようなタイトルの本です。この本は、上記のブログから知りました。↓

f:id:kogasora:20191126182037j:plain

わたしは、キンドルで読みました。アマゾンで買えます→

この本は、「何を食べたら痩せるのか?」と、具体的な食べ物について詳しいです。

わたしは、この本を参考に、わたしなりにアレンジして、以下の記事で書いた置き換えメニューを作りました。↓

糖質制限ダイエットで成功する「美味しい」おすすめ置き換えメニュー。(50代でも痩せられる1)

わたしが考えたダイエットメニューは、「ナッツとバターとはちみつ」でできています(朝と昼のメニュー)。

わたしは、太っていた時、毎日、朝昼、菓子パンを食べていました。ほぼ1日2つの菓子パンでした。菓子パンをやめるために、置き換えメニューとして、このメニューを作ったのです。

『やせたければ脂肪をたくさんとりなさい』は、もっとさまざまな食品が出てきますので、ぜひ読んでみて下さい。ご自分に合ったものを見つけて、美味しいメニューを作って、ラクラクダイエットしましょう!

効果的でラクなダイエット情報源3: ダイエットを助けてくれた本2。

何度か記事に登場していますが、『世界最新の太らないカラダ』という本です。↓

f:id:kogasora:20191114121719j:plain

この本も、「脂質はとるべき」ということは裏付けてくれています。

アマゾンのリンクを貼っておきます。→

それと、この本が際立っているのは「間欠的ファスティング」です。

わたしは、低糖質にし、56キロの壁をやぶったものの、次の55キロの壁が破れないと悩んだ頃にこの本に出会いました。

それで、「間欠的ファスティング」ということを知ったのです。「間欠的ファスティング」というのは、「ときどき断食すること」です。以下の記事で書きましたので、こちらも参考にしてみてください。↓

あなたのダイエットが壁にブチ当たる本当の理由。(50代でも痩せられる2)

食事の内容を変えるだけでは不十分だったのです。「ときどき断食」は、効果てきめん!

くどいようですが、「ときどき断食」本当に痩せます。おすすめです。

応援に感謝してます♡

にほんブログ村 にほんブログ村へ 

おわりに

今日は、本当に痩せる、効果的でラクなダイエットの情報源を3つご紹介しました。ぜひ参考にしてみてくださいね!